最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

様々な資格講座が用意されているユーキャンの公認会計士資格講座は…。

2017-07-29 22:10:08 | 日記

一般的に公認会計士試験の主要な特徴を示しますと、指標に基づき評価を行う試験システムであり、合格できる上限人数を決めていないから、つまり問題内容の難易度自体が、直接合格率になって表れます。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制となっておりますので、公認会計士試験は、仕事を持っている社会人の方たちも受験に臨みやすいのですが、その分受験に取り組む期間が長い間になる印象があります。今までの諸先輩方の取り組んできた勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
従来は合格率10%超えが通常になっていた公認会計士試験であったけれど、なんと今や、低下し1割満たない値でずっと定着をみせております。合格率が全体の一桁といいますと、難易度が厳しい法律系国家資格のひとつとして、挙げられます。
前々から、法律に関する知識が全くゼロの状態から着手して、公認会計士試験合格にマストな勉学に対しての累計時間は、「3000時間少々」というデータがあります。調査してみても、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、平均的に3000時間となっております。
実際特殊な法令の中身で、難易度が高めとされておりますが、原則的に公認会計士試験については、受験者のニーズに合った科目別合格制度が実施されているので、各々5年にわたって合格を得ていく方法も、大丈夫な試験なのでございます。

長期間にわたる公認会計士試験勉強は、長時間集中力の持続が出来なかったり、常時前向きなモチベーションを維持することが難儀だったり等とデメリットな面も見られたわけでありますが、総合的に見て通信講座を選んで、良い結果につながったと感じています。
こちらのネットサイトに関しましては、現役で活躍中のベテラン公認会計士が、公認会計士試験の効率の良い勉強法をアドバイスし、あらゆる公認会計士を取り扱う通信講座の一般受けの様子、リアルな意見などを調べ、掲載しているHPとなっています。
資格取得が難しい試験といわれる公認会計士試験に挑戦する際は、全身全霊を注がなければ合格を実現できません。それもましてや全部独学で合格を手に入れようとするならば、本気で取り組まなければいけません。ほんのちょっぴりでも重宝するWEBサイトとして用いていただけるのならとても嬉しいことです。
現実公認会計士国家資格試験の合格率は、おおよそ1.75%といった結果があります。近年、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院の教育機関が開講されて、そちらの教育課程を済ませれば、新司法試験を受けることが出来る資格が授与されます。
普通公認会計士試験を受験しようとする場合、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、学歴に関しては全く不問です。それ故、従前に、法律に関係する専門の勉強を一度もやったことが無いようでも、名の通ったいい大学を卒業していないという方でも、公認会計士の資格をとることは可能でございます。

様々な資格講座が用意されているユーキャンの公認会計士資格講座は、1年間で約2万人の人達から利用登録されていて、一切学識が無い人の場合であれど、しっかり国家資格がとれるまでの過程を基礎から会得することが可能な、高精度な独自カリキュラムの通信講座なのです。
講義を収録したDVDや、テキスト教材を見るという勉強アプローチに、少々不安な気持ちがありますけれども、本当に通信講座にて、公認会計士の難関資格を取ったといった方々も多いですし、独学で進めるよりは、マシであるだろうと受け止めています。
合格率の割合が7%程度と、公認会計士試験は高い難易度を誇る試験とされております。しかし、むやみにビビることはありません。地道に努力を積み重ね続けることにより、誰であろうとバッチリ合格は得られるはず!
最初から最後まで独学で公認会計士試験合格を叶えるためには、本人が適格な勉強法を見つけなければいけません。そんな折に、何よりいい手立ては、先の合格者が実際に行っていた勉強法とそのまんま同じようにすること。
現在における公認会計士は、物凄く難易度が高度な試験となっており、通信教育の会社・カリキュラム選びで、受かるか・落ちるかが決まります。ですけど、様々に同じような会社が存在していて、いずれを選ぶと最も良いか、思い迷う人も大勢おられるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんなタイプの予想問題集な... | トップ | 当ホームページは…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL