最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

仮に日商簿記検定試験1・2級を最初から最後まで独学で取り組んで…。

2017-05-15 21:10:02 | 日記

自分だけの力で独学にて公認会計士試験合格を狙うには、自分にとって適切な勉強法を生み出さなければいけません。そうした際に、一等最良な取り組み方法は、先達が実施していた勉強法を参考にすることです。
網羅性を持ったテキスト内にも記されていない、学識が求められる問題においては、サッパリとギブアップするのもいいでしょう。つまりいざ割り切る行動も、高い難易度の公認会計士試験にあたっては、大事なポイントなのでございます。
実際事例や演習問題でより理解を高めて土台をつくってから、実践的な総括問題・思考問題へとチェンジする、古典的な勉強法をやっていくのが、公認会計士試験の内におけます必須科目である簿記論の為には、実効性があるようです。
合格率の数字が3%強の超狭き門の、公認会計士試験におきまして合格を勝ち取るためには、全て独学での学習のみでチャレンジするといったことは、スムーズに行かないことが多くあり、専門スクールに行くか、自宅で通信教育を受講して受験勉強をするというのが多くの受験生の選択です。
一般的に9月に入ってから、この次の年度の公認会計士試験に向かって準備をやり出すといった人も、沢山おられるのではないでしょうか。1年間近く続いていく試験の勉強では、自らに1番合った勉強法を身に付けるオリジナリティも必須といえます。

各年、公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、たった2〜3%です。必要とされる合計学習時間との双方のバランス加減に目を留めると、公認会計士の資格試験がどのくらい難易度レベルが高いものであるか察することができると思います。
仮に日商簿記検定試験1・2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格することが出来た方であるなら、公認会計士試験におきまして簿記論&財務諸表論の2つだけは、完全に独学にて合格を目指すといったことも、難儀なわけではないのかも。
近ごろの公認会計士におきましては、とっても難易度高の試験内容になっており、通信教育のチョイスで、合否が決まると言っても過言ではありません。しかしながら、色んな会社が軒を連ねており一体どの会社に決めると最も良いか、なかなか決められない人も多いでしょう。
近ごろは公認会計士試験の対策を掲載した、コンテンツ・サイトや、現役の先輩公認会計士が、受験をする人たちにあててメールマガジン等を発行しており、情報収集の力のみならずやる気を高く持つためにも役に立つかと存じます。
科目合格制となっている、公認会計士試験につきましては、1度の試験にて一気に、5科目全部を受験するといったことはしなくてよくって、それぞれの科目ごと1件ずつ受験してもよい仕組みです。つまり合格を得た教科は、公認会計士になれるまで有効とされており安心です。

公認会計士の仕事に就くことは、国の法律資格試験の高い壁でありながらも、様々な年の人たちに注目されており、そして試験合格後には、早々に個人での事業所などを立上げて、業務を行うというのも不可能でない法律系の専門資格試験なのです。
原則的に公認会計士試験については、年齢についてや性別、これまでの学歴などの条件は全く無く、どういった人であれど資格を得ることを目指せます。例え法律に関しての知識・経験が全然無くとも、ちゃんと試験対策をとったら、合格できてしまいます。
現今の公認会計士試験については、実際は筆記式の試験しかこなさなくてよいと、考えてもOKです。なぜかというと、口頭での試験は、余程の出来事が無い限りは落ちるなんてことの無い簡単な程度の試験だからであります。
学習に集中することが可能な時間が日常的に沢山ある方ならば、一般的な勉強法にて、公認会計士試験合格が狙えますが、常日頃会社など多忙を極めている人にとりましては、良い方法とは言い切れません。
一般的に公認会計士は、一から独学で臨んだとしても合格することができる法律系国家資格のひとつです。確かに、仕事を持っている方がやる気を出して励む法律系国家資格としては期待ができますけれども、背中合わせでかなり難易度も高いレベルを誇っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資格試験を受験する前に会計... | トップ | 実際に専門的特性の法令の中... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL