最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

平成18年度に入ってから…。

2017-05-19 18:30:03 | 日記

平成18年度に入ってから、国家試験の公認会計士試験は、グンと改正が実行されました。従前と異なる点は法令科目が、重きを置かれるようになり、択一式の試験問題や、記述方式問題みたいな新タイプの問題といったものも登場しています。
ちょうど今、ないしは先々、公認会計士試験に自分ひとりの力で独学で試験を受ける方たちのために製作しました、公認会計士のための専門サイトとなっております。サイトの中におきましては合格を実現するためのチェックしておくと良い注意点や勉強方法の助言、仕事の内容、業種の魅力などをお伝えしています。
実際送られてきたDVD映像や、テキストだけでの学習方法に、多少不安な気持ちがありますけれども、事実毎年通信講座により、公認会計士の国家資格を得た人も沢山いますし、完全に独学するよりは、マシではないかと思うのです。
法令系の国家資格であって、高度な専門性を持った業務を執り行う、公認会計士と公認会計士ですけど、難易度については公認会計士の方が一層手ごわく、それだけでなく携わる仕事の中身にも、かなり各々異なっております。
税法の消費税法は、公認会計士試験の科目の内では、そんなに難易度は高度になっていなくて、簿記に関する基本知識をしっかり持っておけば、割かし難度も低く簡単に、合格レベルに到達することが可能となるでしょう。

当然公認会計士資格試験で合格を得るには、しっかりした勉強法で臨むのが、何より大事といえるでしょう。こちらのサイトにおいては、公認会計士試験の日取りですとか質の高い参考書の選択法など、受験生に向けて重宝する情報・最新ニュースを掲載しております。
一般的に会計事務所または公認会計士事務所・公認会計士事務所などでのいろんな経験を積みスキルを磨きながら、マイペースで勉強に励むというような方でしたら、しいて言うなら通信講座がマッチしているといえるかと思います。
実際に通信講座ですと、公認会計士だとか公認会計士であれど、いずれも自宅宛に教材各種を届けて貰うことが可能であるので、個人個人の限られた時間を有効活用して、学習することが可能であります。
一般的に公認会計士試験の主要な特性の1つとして特定の基準に基づいて絶対的に評価する試験で行われていて、合格判定の合計人数をハナから決定付けていないから、受験問題の難易度の程度が、明らかに合格率に現れます。
高い難易度の資格試験と知られている公認会計士試験に関しては、本気で頑張らないと合格できるわけがありません。かつ独学で合格を目指すのは、物凄くガンバル必要がございます。受験生の皆様にちょっぴりであれどお役に立てるHPになったら嬉しいです。

非効率的な勉強法で挑んで、労力掛けて寄り道するということほど、意味の無いことはありません。確かで最も良いやり方で短期にて合格を実現し、念願の公認会計士の仕事に就こう。
通常公認会計士試験を独学でパスするのは、容易なことではありませんが、学習法をアレンジするとか、様々な情報をキッチリコレクトしていくことで、短い期間・少ない学習量で合格を狙うのも、決してありえないことではないです。
毎年公認会計士の合格率は、概ね1.75%といった結果があります。近年、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院というところができ、その学科を修了することにより、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位を獲得することができます。
大半の資格スクールに関しては、公認会計士資格取得を目指す通信教育が提供されています。それらの中には、携帯型デジタル音楽プレーヤーなどを利用して、流行の最先端を取り入れた通信教育を実施している、学校も多数でてきています。
一般的に公認会計士の仕事は、国の法律資格試験の高い壁でありながらも、男女問わず・世代関係ナシで大人気となっているわけですが、試験合格後には、早々に個人での事業所などをつくり、独立して開くといったことも選択として選べる法律系の専門試験であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原則的に公認会計士試験をオ... | トップ | 合格率の数値が僅か3%のハ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL