最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

門戸が狭いという風によく言われる公認会計士試験の難易度は…。

2017-05-03 22:40:04 | 日記

色々ある国家資格と比較しましても、高難易度の公認会計士の職種でありますけれど、何よりも合格への道筋が計り知れないくらいシビアであるからこそ、資格を取得した後には人材の受け入れ先の多さや年収増、加えて名誉ある地位を得ることが出来る見込みもあります。
近いうちに資格試験に向けて試験の勉強をスタートする方たちにとっては、「公認会計士試験に対しては、何時間ほどの学習時間を保ったら合格可能なのか?」といったことは、当然知っておきたい点ではないでしょうか。
過去に日商簿記試験1級・2級を独学の学習で、合格を得た方でありましたら、公認会計士試験におきまして簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に関しましては、ともに独学で合格を叶えるのも、ハードルが高いことではないのではないでしょうか。
大抵の予備校や資格学校では、公認会計士を対象とする通信教育(通信講座)が提供されています。通信教育の中には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、今の時代において最新の通信教育を行っている、予備校や資格学校もいくつか存在しています。
実際に合格率のパーセンテージは、公認会計士資格を取得する難易度のレベルをチェックする判定基準の一つなわけですけれど、ここにきて、この比率が明白に下向きで、受験生の皆さんの関心が深くなっています。

事実公認会計士に関しましては、リアルに合格率が6%位と公表されており、事務系の公的資格の中では、高難易の資格だと感じられるでしょう。だけど、全問題中6割正解したら、絶対に合格実現できます。
実際に講座を学ぶことができるスクール及び詳細内容等も実に多種多様となっています。その事から、複数の公認会計士を対象に開かれている講座の中より、あまり勉強する時間が持てないとした多忙な方でも学習することが出来ます、通信講座を開いている資格スクールを比較しおススメ点を挙げました。
もとより公認会計士試験を独学でやるのは、物凄くハードルが高いのですが、そうであっても自力で貫きたいと望んでいる人は、最初に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから取り組むことを推奨します。
通信講座(通信教育)については、教材そのものの品質が大きな影響を及ぼします。昨今ではDVDをはじめとするオンライン配信といった映像での授業も多様にあるわけですが、公認会計士の専門スクール毎で、その内容については違いがみられます。
中には30万以上、あるいは50万円以上の金額の、公認会計士試験向けの通信講座もよくあります。それについては契約期間も、1年を上回る長い月日のコースとなっている場合が、結構普通です。

司法試験と変わらない勉強法で行うのは、0からはじめる公認会計士試験のみの専業受験生と比較して、勉強時間&勉強量が非常に沢山になりがちであります。それだけでなく望むような結果には至らず、コスパが低くなっています。
公認会計士試験に関しては、相当難しいレベルの国家資格取得の試験とされておりますので、専門知識を基礎から学べる専門の学校に入学した方が、確かではないでしょうか。しかしながら、一切合切独学だとしても受験生により、かなり効率アップが望めるなんてこともあるものです。
やっぱり公認会計士試験に挑む際においては、全力を注がないようだと満足のいく成果がみられない、困難な試験だというように強く思います。言ってしまえば確保できる大事な時間をなるべく合理的に使用し試験勉強に努めたという方のみが、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
門戸が狭いという風によく言われる公認会計士試験の難易度は、まことに難しくって、合格者の合格率も概ね2・3パーセントと、国家資格内でも、トップクラスの超難関試験といえます。
合格が叶わず不合格になった際の、トータル学習時間のリスク度合いを思うと、公認会計士資格の受験は専門学校が提供している通信講座、もしくは通学して授業を受ける通学講座をセレクトするのが、間違いないものといえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 繰り返し演習問題でよく理解... | トップ | 市民に身近な『まちの法律家... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL