最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

基本的に…。

2017-07-27 08:30:02 | 日記

実際全科目における合格率のアベレージは、10%から12%前後で、他のハイレベルな資格よりも、合格率が大分高いように捉えやすいですけど、それについては各教科の合格率の平均値であって、公認会計士試験をひとまとめにした合格率ではないですから、ご注意を。
基本的に、公認会計士試験に一から独学で合格することは、非常に困難であるという現実を踏まえておくように。そのことは従前の合格率の値が10%いかない現状によりましても、疑う余地もなく認識することができるでしょう。
非常に難易度が高いとされる国家試験に因らず、1教科ずつその時その時に受験するということが可能とされているため、それ故公認会計士試験は、各年5万人強が受験に挑戦する、人気の試験なのでございます。
勿論のこと独学の勉強法にて、試験に合格することは、可能であります。しかし、毎年公認会計士については全10名受けて、合格できた人が1人もいないという難易度マックスの試験であります。合格を勝ち取るには、優れた学習方法を習得しなければいけません。
実際に9月位から、次の年度の公認会計士試験を対象に準備をやり出すという方たちも、多数いるはずです。1年以上長期間続く受験の勉強では、自らに1番合った勉強法で取り組む創意工夫も大事であります。

法律系の学部を専攻しておらずとも、ともに現場での経験をしたことが無くても公認会計士資格取得は可能ですけども、だからこそゼロから独学で進める方は、学習時間も絶対に大事。自身も一から独学にて合格を得たので、思い知っています。
当然公認会計士試験を独学でパスするのは、めちゃくちゃ難しいですが、勉強のやり方を能率的にするとか、大切な情報・データを揃えることで、少ない時間で合格することを目指すというのも、夢ではありません。
現実的に専門知識が要求される法律系の内容であるので、難易度がめちゃくちゃ高くなっていますが、原則的に公認会計士試験については、科目ごとの合格システムが実施されているので、それぞれの科目ごとに5年にわたり合格するスタイルでも、支障はない試験なんです。
長所いっぱいの、公認会計士学校通学における効率的な勉強法ですが、トータルで数十万円という結構な額が掛かるため、受験する人が全員受けることが可能であるというわけにはいきません。
現在、あるいはこれから、公認会計士の試験に誰にも頼らず独学で受験を行う人に対して作成した、情報満載のサイトになります。その中では合格をする為の身につけておくとベターなテクニックはじめ、業務内容、かつまたお仕事の魅力等を多々載せています。

司法試験と同一の勉強法である場合、新参の公認会計士試験専業受験者と比べまして、トータルの勉強量がとんでもないものになる傾向がみられます。それのみか思うような結末は迎えられず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
近年の公認会計士は、物凄く難易度が高度な試験となっており、通信教育(通信講座)の選定により、受かるか・落ちるかが決まります。ですが、数え切れないくらいの会社があるため、どこを選択すると最善であるのか、決めかねる受験生も多いと存じます。
公認会計士を対象とする通信講座で、特に推奨されている学習講座は、法律系資格取得を支援しているLEC であります。利用する教科書に関しましては、多くの公認会計士受験者の中で、ナンバーワンにGOODなテキスト書だと評判となっています。
ずっと昔から、法律知識ゼロの次元から着手して、公認会計士試験合格にマストな試験勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。現実を見ても、ストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、3000時間になっています。
完全に独学で公認会計士試験合格を目指そうとするなら、あなた自身で最善の勉強法を身につける必要がございます。そういうような折に、著しく好ましいやり方は、合格した方々が試みていた勉強法をそっくりそのまま実行することでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際に教師陣と直に触れ合う... | トップ | 全般的に…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL