最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

司法試験と変わらない勉強法で実行するのは…。

2017-07-31 04:10:02 | 日記

今日び公認会計士試験対策用の、コンテンツ・サイトや、現役で活躍している公認会計士が、受験生に対して勉強のポイント等をアドバイスするメルマガ等を配信するサービスなどを行い、情報処理力はじめ積極的な精神をキープするためにも活用できるものだと思われます。
司法試験と変わらない勉強法で実行するのは、初心者の公認会計士試験だけの受験生に比べ、勉強のボリュームが膨大なものになりがちです。かつさらに思うような結果は得られず、需給バランスがあまりよくありません。
基本特徴ある科目合格制というやり方でございますため、公認会計士試験におきましては、社会人受験生も受験しやすいわけですが、その反面、受験勉強の期間が長くなることが傾向として起こりがちです。たくさんの諸先輩の取り組んできた勉強法を手本にすることを提案します。
どういったテキストブックを用いて勉強を行うのか以上に、どんなタイプの勉強法を用いて取組みを行うのかの方が、一層公認会計士試験を乗りきるには肝心だと言えます。
実際数多くの受験生は、名が通った会社であるし確かだろうなんていうような、何一つ手がかりもない具体性に欠ける理屈で、向こう見ずに通信教育を選んでしまっています。しかしながら、そんな選び方で絶対に公認会計士に、合格は出来ないと思います。

実際に合格率が10%以下と、公認会計士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い難関試験であります。ただし、あまり恐れなくてもよいのです。適切な勉強を行えば、誰でもしっかりと合格への道は開けますよ!
人によっても異なりますが9月はじめから、次に迎える年度の公認会計士試験に狙いを定めて取り組み始めるという方たちも、多く存在しているかと存じます。およそ1年強やり続ける根気強さが必要とされる受験勉強の上では、自分に最も合う勉強法を編み出す工夫も必要であります。
合格率の値がおおよそ7%というと、公認会計士の資格試験についてはとっても難易度が高そうに思えますが、指標に基づくボーダーラインの全体のうちの60%以上の問題がちゃんと正解することができたなら、合格を得ることは確実であります。
事実過去に法律の知識を全く持っていないのに、短期の間で見事公認会計士試験に合格したツワモノもいます。彼らの多くにある共通される事柄は、皆個々にとって適切な「質の高い勉強法」を確立したことです。
状況が許せばリスク回避、安心できるように、用心を重ねてという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、専門予備校に頼った方がベターですけれども、独学で貫くことを選択の道に入れてもいいかと思われます。

独学スタイルでの公認会計士の勉強法を決定する場合に、まさに障壁となり得るのは、勉学に励んでいる中にて何か疑問事項があらわれた時点で、一人で解決しなければならないことです。
連結実務の個別論点に取り掛かり始めたならば、関連の練習問題に可能なだけトライし、いくらか問題に慣れておくといった勉強法を導入するのも、公認会計士試験の傾向を踏まえた簿記論対策については殊に効力がございます。
今、もしくは将来、公認会計士に一から独学で試験を受ける方のために企画制作しました、公認会計士のための専門サイトとなっております。その中では合格をする為の掴んでおきたいコツであったりまた、先輩公認会計士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄などアップしています。
サラリーマンをやり続けながら勉強を両立して、やっと3回目の試験で公認会計士に合格できた、私本人の実体験を思い返しても、最近の難易度については、とっても上がってきているとした印象を持っています。
事実公認会計士に関しましては、法律による資格試験の狭き門ながら、幅広い年齢層に人気が高まっていますが、なお晴れて合格した先には、早々に個人での事業所などを発足し、いきなり開くのも実行可能な有望な法律系専門試験とされています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実的に合格率3%前後の険... | トップ | 全て独学での公認会計士資格... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL