最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

どんな問題にも「法律をモノサシに考える力が備わっている人」であるORないのかを見極めるような…。

2017-06-18 10:20:05 | 日記

昨今は公認会計士試験の対策を掲載した、オンライン上のポータルサイトとか、長年の経験を持つプロフェッショナルの公認会計士が、受験生宛てに勉強方法を記したメルマガ等を発信していて、情報収集の力のみならずやる気をアップするためにも役に立つかと存じます。
いかなる問題集を利用して学ぶのかなんてことよりも、どのような効率いい勉強法で学習を進めるのかといったことの方が、間違いなく公認会計士試験で合格を得るためには重要だと言えます
大半の資格取得学校につきましては、公認会計士を対象とする通信教育(通信講座)が開催されています。そうした中には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、今の時代において最新の通信教育サービスを展開している、専門スクールも存在します。
公認会計士の仕事に就くことは、法律系資格試験の門戸の狭い入口ながらも、各世代に人気が集まっている一方で、見事合格した以降は、すぐさま自分の営業所を発足し、いきなり開くのも選べる法律系認定試験といわれています。
公認会計士の国家試験制度の変更とともに、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる博打的な不安要素が全てなくなって、純粋に適格性があるのかが見極められる高難度の試験へと、公認会計士試験は大きく生まれ変わったんです。

前から、法律知識無しのステージから取り組み出し、公認会計士試験合格に絶対必要な試験勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。一般的に実例でも、ストレート合格者の勉強合計時間は、平均して3000時間強のようです。
どんな問題にも「法律をモノサシに考える力が備わっている人」であるORないのかを見極めるような、物凄く難易度高の国家試験に進化しているのが、近年の公認会計士試験のリアルな現実ではないでしょうか。
勉強法が合っているかはそれぞれで全部独学であっても、確実に、公認会計士のやるべき中身について自分のものにできるんであったら、合格ゲットも実現可能です。ともあれ、それについては物凄い、長い学習時間を保持することが絶対に必要となります。
一般的に簿記論は、情報のボリュームはいっぱいですけど、総じて計算する問題で出題が行われますから、公認会計士資格は法律系資格のうちでは、他より独学で行っても、自分のものにしやすいタイプの科目に当たります。
基本的に公認会計士試験につきましては、歳や性別等の受験の資格は定まっておらず、過去を遡った学歴なんかは条件に入っていません。その為、それまで、法律に関する詳しい勉強をした経験があらずとも、立派な学校を卒業しておらずとも、公認会計士の資格取得はできます。

毎度大抵、公認会計士試験に合格した人の合格率は、約2〜3%辺りとされます。勉強に費やす合計時間とのバランスを見ると、公認会計士の国家資格取得試験がどのくらい難易度が厳しいか察することができると思います。
言うまでもなく公認会計士試験をオール独学で貫くというのは、大変容易なことではありませんが、チャレンジしたいと思っているという人は、まず先に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから取り組むのがおすすめです。
科目合格制となっております、公認会計士試験に関しましては、ひとたびで、5つの科目の試験を受けることは義務付けられていなくて、1つの科目ごとに受験してもよい仕組みです。合格を果たした科目につきましては、公認会計士になれるまで有効とされており安心です。
日本の公認会計士試験においては、年齢についてや性別、これまでの学歴などの条件は不問ですので、どなたでも幅広い層の方々が受験することが出来ます。それまで法律に関する詳しい知識・情報がゼロの初心者であろうと、キッチリ受験対応法をこなすことによって、合格することも不可能ではないですよ。
今現在、あるいはこれから、公認会計士に独学スタイルで臨む受験者のために作り上げた、情報配信サイトになります。コンテンツには合格をゲットするためのキーポイントまた、お仕事の中身、プラスそれらの魅力度などを展開しております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 将来資格取得に向けて学習に... | トップ | 実際公認会計士の合格率の値... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL