最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

毎回…。

2017-06-15 21:50:01 | 日記

超難関資格試験と聞こえが高い公認会計士試験については、全力で取り組まないと合格は無理。そして独学で合格を目指すのは、かなりの努力が必要でしょう。ほんの僅かであれど貢献できるインターネットサイトになるならとても幸せです。
状況が許せばリスク回避、安全性を重視、念には念を入れてという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、予備校に通い学習した方がいいでしょうけれども、独学でやることを選定したとしても構わないと思います。
仮に日商簿記検定試験1・2級を独学の学習で、見事合格されたといった人であるなら、公認会計士試験にて簿記論とか財務諸表論の2つの教科のみは、ともに独学で合格を獲得するといったのも、高難度な挑戦ではないのでは。
現実国家資格の中でも、高難易度の公認会計士なのですが、合格に辿り着くまでの道のりが容易ではないほどに、資格を勝ち取った将来には就職先が沢山あるということや年収アップ、加えて名誉ある地位を築ける現実も近づきます。
今多くの方々が、公認会計士の合格に至るまでの事細かな体験談などを、沢山ネットなどで検索して見ているワケというのは、十中八九、どういう取り組み方や勉強法があなた自身に適しているかということに、葛藤しているからでしょう。

毎回、公認会計士試験合格者の合格率は、一桁台で2〜3%くらいです。必須とされる学習期間との相互バランスを一考すると、公認会計士資格取得試験がどれ程難易度レベルが高いものであるか想像出来るでしょう。
一般的に毎年、2・3万名位が受験に臨み、その中の600人〜最高900人前後だけしか、合格することができません。こうした現状を鑑みても、公認会計士試験の難易度の高さが把握できます。
身近な地域の法律家として、社会に貢献できる公認会計士の試験を受ける時、学歴に関しましては関係ありません。どんな人でも挑戦することができるため、通信教育を提供している各会社でも、性別・年齢関係なく高い人気となっている資格コースとされています。
サラリーマンをやり続けながらコツコツ勉強して、ようやく3回目の受験で公認会計士合格を果たした、己の実経験を振り返ってみても、ここ2・3年の難易度は、相当難しくなってきているように思えます。
公認会計士の合格者の合格率は、約1.75%と公表されています。つい最近では、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』というのが設けられ、その学校のカリキュラムを修了することにより、新司法試験を受験することができる資格が入手できます。

中には法科大学院を卒業されたという実力の持ち主でも、不合格となるようなことがありえるほどなので、的確な合理的な勉強法を考慮し全身全霊で頑張るようにしないと、公認会計士資格取得試験に合格するのは容易なことではございません。
一般的に高難度と広く知られております公認会計士試験の難易度は、めちゃくちゃ高度であり、合格者の合格率も2パーセント〜3パーセントと、国家資格の中で見ても、指折りのド級の難関試験なのです。
昨今の公認会計士につきましては、合格率が約6%とした結果が示されており、事務系の公的資格の中では、競争率の高い難関資格として扱われています。だけど、全ての試験問題の中6割合えば、間違いなく合格するのです。
1教科ずつの合格率の比率につきましては、大まかに10%程度と、全科目ともに高難易度の公認会計士試験は、科目別合格制度でありますので、仕事に就きながら合格できる、国家資格といえます。
国家試験の制度の修正にあたって、従前の運・不運に影響される賭け事的な点が全てなくなって、まさに実力を持っているのかということを判別される国家試験へと、昨今の公認会計士試験は新たに更改したのであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 講義を収録したDVDや…。 | トップ | 安めの価格設定…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL