最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

中には30万以上…。

2017-06-19 11:30:01 | 日記

世間的に公認会計士の資格取得は、国の法律資格試験の高い壁でありながらも、若者から中年まで広い層に注目を集めている中、合格を勝ち取った以後は、すぐさま自分の営業所をイチから構え、業務を行うというのも出来る法律系認定試験といわれています。
実際に多くの専門学校・スクールには、公認会計士向けの通信教育が開かれています。それらの中には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、時代に沿った新しい通信教育を行っている、資格取得スクール等もございます。
一般的に高い専門性を持つ内容なので、難易度が大変高いわけですが、元々公認会計士試験では、いわゆる科目合格制度を設けているので、教科をひとつずつ何年かかけて合格を得ていく方法も、支障はない試験なんです。
合格者の合格率の割合が3%のみの険しい道の、公認会計士試験にて合格を得るためには、独学スタイルでの試験勉強だけでは、上手くいかない場合が沢山ありまして、専門スクールに通うかあるいは、通信教育を受け受験勉強を行うのが一般的な対策となっています。
事実、公認会計士試験は、高難易度の国家試験といわれている試験なので、勉強法をしっかり学べる専門スクールに行くようにした方が、堅実といえるでしょう。ですけど、何もかもすべて独学で貫こうと人により、そのやり方がマッチしているならOKであるといったような事例もあるようです。

ほぼ独学でやっていて、学習の時間管理や勉強の仕方などなど、気がかりに感じるなどの折には、公認会計士試験に対応する通信講座で学ぶというのも、1案かと思います。
中には30万以上、あるいは50万を超える額の、公認会計士資格の通信講座なんぞも珍しいことではありません。そして講座を受ける期間も、1年程度〜の長期スケジュールのコースとなっている場合が、しばしば見られます。
昔から毎年、2万名〜3万名程度の人が受験し、僅か600名〜900名くらいのみしか、合格できないのです。その一面に注目しても、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかが判別できるといえます。
学習にあてることができる時間が日常生活で結構確保することができる受験生であれば、普遍的な勉強法を取り入れることによって、公認会計士試験で合格を得ることも可ですが、常時お仕事等日常生活で暇が無い人に対しては、いいやり方ではありません。
実際に公認会計士の代理の頼れる街の法律家として、活躍の期待が寄せられている公認会計士におきましては、社会階級の高いといわれております資格です。その分、同時に試験の難易度の程度についても相当難しいです。

一般的に公認会計士試験は、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、学歴の有無は条件にありません。その為、それまで、法律関係の勉強をした経験があらずとも、優秀な大学卒でなくとも、公認会計士資格は取得可能であります。
たった一人で独学での公認会計士の勉強法をチョイスする場合に、とりわけ障壁となり得るのは、勉強に取り組んでいる途中に分からないところが発生してきた場合があっても、周囲に質問できる相手がいないことであります。
今は公認会計士試験に打ち勝つための、ホームページや、プロの公認会計士が、受験する人にポイントを教授するメルマガ等を発行しており、情報能力またやる気ともにずっと維持し続ける為にも便利だと思います。
一般的に9月に入ってから、次に迎えます年の公認会計士試験向けに取り組み始めるという方たちも、いっぱいいらっしゃるでしょう。おおよそ一年間長い間やり通す受験勉強では、己自身にベストな勉強法を編み出すことも大事です。
果たしてどんな問題集を利用してマスターするのかということ以上に、どのような効率いい勉強法で取組みを行うのかといった方が、ずっと公認会計士試験で合格のためには重要なポイントです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際公認会計士の業種は…。 | トップ | オール独学で公認会計士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL