最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

基本5つの科目合格に辿り着くまで…。

2017-06-18 21:20:01 | 日記

合格率の割合が7%程度と、公認会計士試験は非常にハードな難易度の試験となっています。ただし、過分に臆する必要はありません。コツコツ努力を重ねることにより、誰であろうと確実に合格は得られるはず!
現実30万円以上から、あるいは50数万円も負担しなければいけない、公認会計士対象の通信講座なんぞも珍しいことではありません。その場合受講のスパンも、1〜2年の長期スパンの計画で設定されていることが、よくあるものです。
今まで法律知識ゼロにも関わらず、短期集中で公認会計士試験合格を果たす先達も存在します。合格をした方々に共通している要素は、自身に丁度良い「確実な勉強法」を見い出せたということです。
当インターネットサイトは、公認会計士のスペシャリストが、公認会計士試験の効率いい勉強法を助言し、並びに多くの公認会計士対象の通信講座の受験生間においての人気の現状、利用の感想などの情報をコレクトし、掲載している総合サイトです。
基本5つの科目合格に辿り着くまで、長期間かかる公認会計士資格の受験では、学習を続けることができる環境が存在するかしないかといったことが、肝で、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、特別そういった事柄が言えるかと思います。

通学での講座と自宅にいながらの通信講座を同時に受けられるようになっております、「資格の大原」の専門学校におきましては、満足のいく教材一式と、さらに頼れる教師たちで、公認会計士試験の合格者の1/2を生み出す素晴らしい実績を残しております。
実を言えばDVDを活用しての勉強やまた、テキストブックを見ての勉強方法に、少なからず不安感を持っているわけですが、実際に通信講座(通信教育)を受講して、公認会計士資格をゲットした方もいっぱいおりますし、オール独学よりかは、安心できるのではないかなと思っています。
実際科目合格制度の、公認会計士試験については、1度の試験にて一気に、全5科目を受験する決まりは無く、それぞれの科目ごとで長期間にわたって試験を受けてもいいのです。合格科目に関しましては、公認会計士の資格をとるまで有効とされており安心です。
100パーセント独学にて公認会計士試験合格を狙うには、自分自身で最善の勉強法を試行錯誤して発見しなければいけないものです。そうしたような場合に、一等確実な手段は、合格者の方が実行していた勉強法とそのまんま同じようにすること。
確かに公認会計士試験にトライするという際におきましては、中途半端な取り組みであったら良い成果を得ることが出来ない、ハイレベルな試験であるといったように思えます。言ってしまうならば費やせる限りの時間をなるべく合理的に使用し試験勉強に取り組んだ人が合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。

従前は公認会計士試験の内容は、他よりも獲得しやすい資格というように言われていましたけれど、今日においては大いに難関資格になっていて、他の資格よりも合格できないという資格になっております。
出来れば万が一に備える、堅実に、大事をとってといった考えで、公認会計士試験を受験する際、公認会計士を対象とする専門の学校に通学した方がおススメではありますが、けれども独学を選定したとしても支障はないでしょう。
合格率の数値がおおよそ7%というと、公認会計士試験はとっても難易度が高くみえますけれど、特定の基準に基づいた全体のうちの60%以上の問題に正解することができましたら、合格を獲得することは決定となるのです。
先々資格をとろうと受験学習に取り掛かるという人にとっては、「公認会計士試験に関しては、どれ程の学習時間を保ったら合格することが可能であるの?」等は、大いに気になる所だと思われます。
リアルに会計事務所OR公認会計士事務所に入社し、いろんな経験を積み上げながら、確実に学習を行うといった人の場合は、しいて言うなら通信講座がベターと考えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際公認会計士の合格率の値... | トップ | いざ個別の論点に取り掛かり... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL