最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

過去に日商簿記試験1級・2級を完全に独学にて…。

2017-06-20 06:20:01 | 日記

実際公認会計士試験に関しては、公認会計士になるために求められる専門知識とともに、そのことの応用能力をちゃんと持っているかどうかを、真に判定することを1番の目的に、実施する超難関の法律系国家試験です。
通信教育(通信講座)だと、公認会計士試験の受験対策を不足なくピックアップした、特化した学習材があるので、1人での独学よりも勉強の手順が身につけやすく、勉強がやりやすいかと思われます。
誰にも頼らず独学での公認会計士資格試験の勉強法を選定する折に、まさに問題となりますのは、勉強に取り組んでいる途中に分からない点などが生じた場合があれど、誰にも聞くことが出来ないことです。
法律系国家資格の中でも、難易度が相当難しい公認会計士とされておりますが、合格というゴールへ到達するまでの工程が簡単ではなく辛いからこそ、見事資格を獲得した以降には高い需要があることや報酬のアップ、一層権威ある地位を持てることも可能になります。
合格して、近いうちに「独力で新しい道を開く」としたような熱い願望を胸に抱いている方なら、いくら公認会計士の難易度が超高いものでも、その大波も必ずクリアできるかと思います。

1年間の中で秋時期の9月から、次年度の公認会計士試験対象に取り掛かり始める人も、数多くいるんではないでしょうか。おおよそ一年間やり続ける根気強さが必要とされる受験勉強の上では、あなたにピッタリ合う勉強法を編み出す工夫も必要であります。
試験システムの見直しとともに、従前の運・不運に影響される賭け事的な点が全部消え、現実に適格性があるのかがジャッジされる国家試験へと、昨今の公認会計士試験は根本から変わりました。
学習にかけられる時間が毎日不足なくつくることができます受験生の方は、普遍的な勉強法で取り組めば、公認会計士試験合格が狙えますが、何かと忙しい方には、適正な手立てではないと断定できます。
会計と税務の個別論点の中身をしだしたら、関連している訓練問題にやれるだけ積極的に取り組んで、数をこなして問題慣れしておくといった勉強法を盛り込むのも、公認会計士試験の簿記論の科目対策にはかなり効果のあるものです。
過去に日商簿記試験1級・2級を完全に独学にて、合格を実現された方であれば、公認会計士試験の必須科目の簿記論及び財務諸表論の2種の教科に関しては、ベースを理解しているため独学にて合格を叶えるのも、難易度が高い挑戦ではないのでは。

高難度の国家資格試験と名高い公認会計士試験に挑むには、生半可な姿勢では合格が難しいです。無論イチから独学で合格しようとするのは、本気で取り組まなければいけません。ほんの僅かであれど貢献できるインターネットサイトと感じていただければ嬉しいことこの上ないです。
司法試験と同一の勉強法でございますと、0からはじめる公認会計士試験オンリーの受験生に比べ、トータルの勉強量が大変多量になりがちでございます。それに加えて思うような結果には至らず、コストパフォーマンスが低いです
合格が叶わなかった場合の、学習する合計時間数の危険を見ますと、公認会計士資格の取得試験に関しては学校が提供している通信講座、他には通学して授業を受ける通学講座をセレクトするのが、安全だろうと思っています。
勉強法が合っているかはそれぞれで完全に独学であろうと、確実に、公認会計士の仕事についてマスターできるなら、合格を叶えるということは可能であります。さりとて、それを実現するには並大抵ではない、長い時間をかけることが必須です。
昔より、法律知識ゼロの次元から取り掛かって、公認会計士試験合格に要する勉強時間数は、通常「3000時間以上」と知られています。一般的に実例でも、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、3000時間前後と発表されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は公認会計士試験の対策... | トップ | 普通通信講座を選択する場合…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL