最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際国家資格の中におきましても…。

2017-08-09 02:00:01 | 日記

市民に身近な『まちの法律家』の存在として、活躍することが出来る公認会計士の試験を受ける場合に、資格については何も定められていません。つまり誰でも挑戦することができるため、通信教育の中においても、性別・年齢関係なく高い人気がある資格の一つです。
実際に合格率3%程度の難易度が高度な、公認会計士試験合格を目指すには、独学で取り組む受験勉強だけですと、上手くいかない場合がいっぱいあり、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで学ぶのが世間一般的でしょう。
実際国家資格の中におきましても、高い難易度を誇っている公認会計士なのですが、合格というゴールへ到達するまでの工程が難関であるからこそ、資格取得を成し遂げた先には確実な就職やお給料、かつ社会的地位の高さを手にすることができる可能性が高いのです。
大手中心に大抵の専門スクールについては、公認会計士資格の通信教育が提供されています。その内には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、時代の最先端をゆく通信教育サービスを展開している、専門学校・スクールもいくつか存在しています。
色々存在している公認会計士の通信講座のうちでも、第一にオススメのものは、法律系資格取得を支援しているLEC であります。活用する学習書は、公認会計士受験生間にて、ナンバーワンにGOODな学習書としてとても好評であります。

基本的に公認会計士試験は、トップクラスを誇る難関国家試験の1つですから、専門知識を基礎から学べる専門の学校に足を運んだ方が、安心できるかと思います。でも、全部独学で挑んでも各人によって、とっても能率が上がるなんてこともあるものです。
スクールでの通学講座と通信講座を並行して受講可能な、学校「資格の大原」に関しましては、高精度のテキストブックと、ベテランの講師たちにより、昔からずっと公認会計士合格者数の50%以上を世に出すといった高い功績を残しています。
出来れば万が一に備える、石橋を叩いて渡る、用心を重ねてという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、合格率が高いスクールに頼った方が安心ですが、独学での受験を選んでも差し支えないです。
基本的に通信教育は、教材の精度が大きな影響を及ぼします。今日ではDVDやまたウェブでのオンライン配信などの映像系教材も様々に取り揃っておりますが、公認会計士の資格学校によって、アプローチ内容は大分相違します。
実際に費やすお金が30万円以上、選択コースにより総額50万円以上である、公認会計士資格の通信講座も珍しいことではございません。それについては契約期間も、1〜2年の長期にわたってのスタイルであることが、よくあるものです。

以前は合格率の割合が10%台が当たり前だった公認会計士試験でしたが、今となっては、低下し1割満たない値におさまっています。合格率が全体の一桁といいますと、難易度レベル高の国家資格の中の一つとして、認められます。
全部の教科の平均での合格率は、10〜12%ほどで推移し、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が高めであるように見えてしまいますが、これは各科目の合格率の平均値であって、公認会計士試験全体の合格率ではないのです。
実際に公認会計士資格取得試験の合格率の数字は、ザッと1.75%と公表されています。近年においては、法律を専門に学ぶ法科大学院という機関が新しくでき、全過程の学業を終了することになれば、新司法試験を受けることが出来る資格を獲得することができます。
実際、直接予備校に行って受講しているといった受験者たちと、さほど差が無い受験勉強が可能です。そういうことをリアルに可能とするのが、まさに公認会計士対象の通信講座の主流といえる教材といわれるDVD教材です。
最も関門とされる「理論暗記」はじめ公認会計士試験の能率的な勉強法、また脳を育てる頭脳開発、速聴・速読法ということ等についても徹底追及!そのこと以外にも暗記テクニックですとか、勉強をする中で、役立つアイテムなどをこちらで色々ご紹介します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正しくない勉強法で行い…。 | トップ | オール独学で公認会計士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL