最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

高い難易度の資格試験と知られている公認会計士試験に挑戦する際は…。

2017-06-13 14:50:01 | 日記

ほとんど独学でこなしてはいても、勉強にあてる時間の管理や勉強のやり方等に、不安な点があるというような際であれば、公認会計士試験に対応する通信講座を受講してみるのも、ひとつの良い方法なんではないかと思っています。
今日び公認会計士試験で合格を勝ち取るための、ウェブサイトはじめ、長年の経験を持つプロフェッショナルの公認会計士が、受験する人に定期的にメルマガなどの配信を実施しており、情報能力またやる気を保持し続けるためにも使えると思われます。
毎年国家試験における公認会計士試験の合格率につきましては、10〜12%と、難関試験とされている割には、高めの合格率となっています。けれども、一回目の試験で合格するのは、可能性がほぼゼロであると言っても過言ではありません。
公認会計士試験に関しましては、1科目ごとで120分しか受験時間が無いのです。その中にて、ミス無く合格点を確実にとらねばならないので、もちろん要領の良さは求められます。
公認会計士試験の合格率は、おおよそ1.75%と言われています。今日び、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院といったものが設けられて、そのコースを終えれば、新司法試験を受験することができる資格が与えられます。

1年に1度、約2・3万人の受験者が挑戦し、ほんの600人〜多くて900人だけしか、合格を得られません。この現況に目を向けても、公認会計士試験の難易度が高度であるのかが把握できます。
実際に通信教育講座ですと、公認会計士試験に焦点をあてた打つ手をパーフェクトに記載した、独自のテキストやDVD教材が揃っているので、全て独学でしていくよりも学習一連の流れが掴みやすくって、勉強を効率的に進めやすいかと思われます。
試験に合格することが出来ない時の、膨大な勉強時間のムダを思いますと、公認会計士の受験は専門スクールが開いている通信講座、あるいは通学しての講座受講を選定するのが、より安心と言えるでしょう。
無駄が多い勉強法をやり続けて、自ら遠回りをしてしまうことほど、もったいないことはないでしょう。正しく能率的な勉強法により短期の間で合格を実現させて、公認会計士になろう。
実際合格率約3%の高難易度の、公認会計士試験にて合格を得るためには、一から独学での試験勉強だけでは、手強い場合がよくあり、専門スクールに通うかあるいは、通信教育を受け受験に向けて勉強をするのが大部分となっています。

高い難易度の資格試験と知られている公認会計士試験に挑戦する際は、普通の努力では合格は無理。そしてイチから独学で合格しようとするのは、並大抵の努力では難しいです。ほんの僅かであれど何か役立てるページとして用いていただけるのならとても嬉しいことです。
実際に5種類の科目に合格するまで、長い年月がかかる公認会計士国家試験では、勉強を続ける時間を確保できる環境が存在するかしないかといったことが、大きなキーポイントであり、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、殊更その部分が言えると思われます。
資格専門スクールの公認会計士用の講座を受講したいと思うのですが、近所に専門学校が一つもない、仕事が忙しくて残業続き&休みがない、家事等で通学する時間を持つことができないという受験生たちのために、各々の学校にて、家で勉強することが可能な通信講座を開校しております。
リアルタイムで、あるいは近い将来、公認会計士の試験に誰にも頼らず独学で受験を行う人達に向けた、情報配信サイトになります。当サイトにおいては合格する為の学習方法の秘訣やまた、リアルな仕事の全容、魅力的な点などをお知らせしております。
どういう問題集を使って勉強に取り組むのかというよりも、いかような勉強法に頼って突き進むのかということの方が、明らかに公認会計士試験を通るためには肝要になるのです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般的に…。 | トップ | 一般的に公認会計士試験の主... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL