最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際公認会計士試験の合格率の数字は…。

2017-06-16 08:40:06 | 日記

近ごろ公認会計士の通信講座の中におきまして、どれよりも一番にイチオシなのは、LEC(Legal Education Center) でございます。扱うテキストセットについては、公認会計士の受験生の中で、非常に使い勝手の良い専門テキストとして評価が高いです。
地域に密着した『くらしの法専家』として、社会に貢献できる公認会計士を受験する際、前提条件や資格は不要です。どなたでもチャレンジすることが可能なため、数ある通信教育でも、性別・年齢関係なく高人気のランキング上位の資格であります。
日本でもトップクラスにランクインする難易度といわれている公認会計士試験の概要は、憲法はじめ11の科目の法律から沢山の試験問題が出題されるため、合格したいなら、長いスパンでの勉強時間の確保が要必須です。
このインターネットサイト上では、公認会計士試験対策の通信教育を、正当に選ぶことができるように、中立的な立場で判断可能な多種多様な材料を日々更新していきます。そして以降は、あなたが自分の目でオンリーワンをチョイスしましょう。
実際毎年、2〜3万名ぐらいの方たちが受験をして、その中の600人〜最高900人前後程度しか、合格を勝ち取ることが出来ません。この1部分に注目しても、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかがわかるでしょう。

実際に9月位から、次年度の公認会計士試験対象に事に当たりはじめる受験者も、多くおられるかと思います。1年程度長期間続く受験の勉強では、己自身にベストな勉強法を編み出す工夫も必要であります。
公認会計士試験にて合格を得るためには、手際の良い勉強法で取り組むことが、大変大事といえます。このウェブサイトでは、公認会計士試験のスケジュールやかつ使える本のセレクト法など、受験生たちに有効な情報・最新ニュースを掲載しております。
輪にかけて難しいと口々に伝えられている公認会計士試験の難易度については、めちゃくちゃ高めで、合格率を見ても多くとも3パーセントと、国家資格の中で見ても、指折りの難関資格試験となっております。
スクールでの通学講座と通信講座を同時に受けられるようになっております、長年の実績が名高い「資格の大原」は、高精度の教材と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、常に公認会計士合格を獲得した人の半分を出すといった高い功績を残しています。
実際公認会計士試験の合格率の数字は、大よそ10%あたりと、難関試験とされている割には、国家資格内でも高い合格率を出しています。だとしても、1回で合格するのは、ほぼ0%で受かる可能性が低いと聞かされました。

2006年度から、公認会計士試験の問題内容は、色々訂正されました。一般科目よりも法令科目が、重点を置かれるようになって、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述式(論文)での問題のような今までには見られなかった新傾向問題も登場し出しました。
実際スクールの公認会計士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、近場に予備校がどこにもない、仕事に追われている、学校に通学しようとする時間がないなどの人を対象とし、各学校毎にて、手軽な通信講座を開校しております。
どんな問題にも「法律をモノサシに問題に接することが可能である人」なのかどうかをまるで問われるような、めちゃくちゃ難易度高の国家試験になりつつあるのが、つい最近の公認会計士試験の状況ではないかと思います。
今まで法律知識が一切無いのに、短期集中で公認会計士試験に晴れて合格される人もおります。その方たちに見受けられる共通部分は、自身にピッタリの「現実に即した勉強法」に出会うことができたことです。
少しでも時間を上手く活用して、勉強することができるので、会社に勤務しながらまた家事などと折り合いをつけて公認会計士資格をとろうといった考えを持っている人においては、自分のペースで取り組める通信講座は、ひときわ好都合であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安めの価格設定…。 | トップ | 現実公認会計士国家資格試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL