最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

資格試験を受験する前に会計事務所あるいは公認会計士事務所にて…。

2017-05-15 17:20:01 | 日記

このWEBサイト上では、公認会計士の受験対策の通信教育を、適切に選定することができるように、第三者的にジャッジできる役に立つデータを日々更新していきます。そうしてそれをベースにあなたが自分の目で見極めてセレクトしてください。
あの法科大学院の修了者であろうと、試験に不合格となることがあったりするので、的確な効率的な勉強法を計算して立ち向かわなければ、公認会計士資格取得試験に合格するのはハードとなるでしょう。
現在における公認会計士は、相当難易度の高い問題が出題されており、通信教育の会社・カリキュラム選びで、合格するか不合格となるかの境界が決まるのです。とは言っても、色々な会社が似通った講座を開催しており、何処を選んだら最善であるのか、判断が付かない方も多いのでは。
毎年合格率といえば、公認会計士国家資格試験の難易度の現状を把握できるハッキリと見て取れる指標の1つであるわけですが、最近、ちょっと前よりもこの割合が誰の目から見ても確実に落ち込んできていて、多数の受験者たちに注目されています。
公認会計士試験制度の内容の手直しとともに、これまでの運任せの偶然性のギャンブル的ポイントがカットされ、実際に技量のアリORナシが審判される高難度の試験へと、公認会計士試験は基本から作り直されました。

事実、公認会計士の試験を受ける場合は、学校にも通わず独学スタイルで合格を目指そうとする受験生が多く存在していないことも関係して、全くもってほかの受験と比較してみると、市販の教科書もろくに、つくられておりません。
今の時代は公認会計士試験で合格を勝ち取るための、ホームページや、現役のプロの公認会計士が、受験者を対象にして知っておくべき要点をまとめたコラムなどを発刊していまして、情報を使いこなす力に加えてモチベーションを高く持つためにも活用することができるでしょう。
通信講座のケースですと、公認会計士にしましても公認会計士でありましても、ともに家にいながらも教材各種を送付して貰えますから、個人個人のお好みのスケジュールにて、学習することが可能になっております。
現実難易度が高度な資格試験になっておりますけど、それぞれ何年かにわたって受験可能なことなどから、そのために公認会計士試験については、例年5万人もの人達が受験申込みする、人気の試験なのでございます。
オール独学でやっていて、科目勉強の時間配分や勉強スタイルなどに対して、不安な点があるなんて場合であったら、公認会計士試験対象の通信講座に頼るのも、1つの進め方なんではないかと思っています。

色々存在している公認会計士の通信講座のうちでも、一際お薦めしたいのは、LEC東京リーガルマインド です。講座で使用するオリジナルテキストにつきましては、公認会計士を目指している受験生間で、最も優れたテキストブックとして高く評価されております。
学習に集中することが可能な時間が日常生活で結構ある受験者は、ベーシックな勉強法でやり通すことで、公認会計士試験で合格を目論むことも可能ですが、何かと時間制限があるといった人には、確実な術ではないといえます。
もしも日商簿記検定の1級か2級をたった一人の力で独学で、合格することが出来た方であるなら、いざ公認会計士試験の簿記論及び財務諸表論の2種の教科に関しては、ともに独学で受験に合格するのも、難易度が高いというわけではないかも。
1教科ずつの平均の合格率については、ほぼ1割強と、各科目ともに難易度が高いとされる公認会計士試験は、科目ごとの合格システムをとっているんで、勤務しながら合格できる、資格といえるでしょう。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは公認会計士事務所にて、本格的な経験を積み増しながら、じっくり学習を行うやり方を選ぶ人ならば、あえて言うならば通信講座が最善かと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全て独学での公認会計士を目... | トップ | 仮に日商簿記検定試験1・2級... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL