最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

合格率の数値が僅か3%のハイレベルの…。

2017-05-20 00:30:01 | 日記

日本の法人税法に関しては、事業所を運営する中で、絶対欠かせない重要な知識です。だけど、全体のボリューム量がスゴクあるために、受験者の中においては公認会計士試験の高いハードルであると言い表されています。
実際講師たちに直で教えてもらうことができる専門スクール通学のプラスの面は、意欲をかきたてられますが、常に攻めの気持ちさえキープすることができるようなら、公認会計士専門の通信教育で講座を受けることで、不足のない実力を育むことが出来るかと思われます。
一般的に従来から、法令知識皆無のレベルから取り掛かり、公認会計士試験合格に確保すべき試験勉強時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。現実確かに、ストレートで合格する人の学習時間は、3000時間超とされています。
今日び、スクールに通学して教えてもらっている人らと、大きくは差が開かない勉強が可能になっております。そちらの点を可能にするツールが、今となっては公認会計士通信講座のメジャーな教材といわれているDVDによるものです。
最も関門とされる「税法の理論暗記」を中心とし、公認会計士試験の効率良い勉強法や頭脳の訓練、速聴力&速読力に関しましても徹底究明!更には記憶術や勉強時に推奨したい、有用なモノ・コトを皆様に提供していきます。

市民に身近な『まちの法律家』の存在として、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する公認会計士の受験に、学歴や資格は関係ありません。つまり誰でもチャレンジ可能なので、通信教育の講座内でも、性別問わず幅広い年齢層より広く注目されているポピュラーな資格でございます。
日本でもケタが違う高い難易度という公認会計士試験は、11ジャンルの法律よりたっぷり問題が出てきますため、合格するまでには、長期的な勉強時間が絶対に必要とされます。
法律系の学校を出る必要性も、及びNO知識&経験であれど公認会計士の仕事に就くことは可能なわけですが、とは言ってもやっぱり全部独学というケースは、学習量も絶対に欠かせません。自分自身も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、心底思います。
国家試験の公認会計士試験における合格率については、概ね1割と、難しい試験とされているにしては、合格率が高めとなっています。とは言え、最初の一発で合格を勝ち取るのは、不可能に近いということがわかっています。
近年合格率が7%位と、公認会計士試験は他の資格よりも難易度のキツイ難関の試験といえます。されど、あんまりビビることはありません。全身全霊で立ち向かえば、誰であろうとしっかりと合格を獲得することは可能です!

基本的に通信教育は、学習教材の出来が大きな影響を及ぼします。この頃はDVDやまたウェブでのオンライン配信などの映像系教材も豊富にございますけれども、各々の公認会計士の資格取得学校によって、その中身は相当違っております。
今日び公認会計士試験の対策を掲載した、HPや、ベテランの公認会計士が、受験生たちに向け知っておくべき要点をまとめたコラムなどをリリースしていて、情報収集及び士気をキープするためにも使えると思われます。
司法試験と変わらない勉強法でございますと、一からの公認会計士試験に狙いを定めた受験生に比べて、合計の勉強量が大変多量になりがちでございます。さらに適う結果は見ることが出来ず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
言うまでも無く、公認会計士試験については、生半可な姿勢では望む結果が得られない、難しい試験だと心底思います。結局限られた時間を能率的に利用して試験勉強に努めたという方のみが、合格に近付ける試験なのでございます。
合格率の数値が僅か3%のハイレベルの、公認会計士試験合格を目指すには、1人独学での勉強だけで臨むのは、大変なケースが多くあり、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して学ぶのが多数派となっております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成18年度に入ってから…。 | トップ | 実際従前から…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL