最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

どんな種類の問題集を使って学ぶのかということ以上に…。

2017-06-16 16:30:02 | 日記

一般的に公認会計士試験は、トップクラスを誇る難関法律系国家試験ですから、専門知識を基礎から学べる専門の学校に定期的に通った方が、堅実といえるでしょう。だけど、全部独学でしてもそれぞれの人によって、そのスタイルが最も効率的であるなどのケースもあるわけです。
予備校の公認会計士レッスンを受けたいんだけど、そばに学校がどこにもない、仕事が多忙を極めている、学校に足を運ぶ時間が全くないとした人たちのために、それぞれの学校では、好きな時間に勉強すればよい通信講座の提供を行っています。
現実的に専門知識が要求される試験内容で、難易度が相当高いですが、そもそも公認会計士試験では、科目合格制度のシステムを起用しているので、1教科ずつ5年間にわたり分けて合格することも、良いとされる試験となっております。
どんな種類の問題集を使って学ぶのかということ以上に、どんなタイプの効率的な勉強法で学んでいくのかという方が、はるかに公認会計士試験で合格のためには大事であります。
昔は合格率の数字が10%強が通常になっていた公認会計士試験であったけれど、今となっては、ダウンし一桁のパーセンテージとなって定着しています。合格率一桁のケースですと、難易度が厳しい難関資格のひとつとして、捉えられるでしょう。

公認会計士試験の注目すべき特徴ある点については、点数が全てを決める試験制度が設けられており、合格者の上限数をはじめから確定していため、一言で言うと出題された問題の難易度ランクが、リアルにそのまま合格率に現れます。
あらかじめ法律の勉強をしたことなどないのに、僅かな期間で公認会計士試験に合格するというツワモノもいます。この人たちに見られます共通する部分は、みんな自分にマッチした「効率の良い勉強法」をチョイスできたことといえるでしょう。
当サイトにおいては、公認会計士専用の通信教育(通信講座)を、正当にチョイスすることができますように、ニュートラルな見方で判断することが可能な役立つ情報を定期的に紹介していきます。そして、それをもとにご自分で見極めてセレクトしてください。
一般的に5分野の科目合格にまで、数年を必要とする公認会計士資格取得の試験では、継続して学習する時間をさくことが可能な環境が整っているかが、大事であり、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、一段とその要素があげられます。
前々から、法令知識皆無のレベルからやり始めて、公認会計士試験合格に確保すべき勉強時間数は、「約3000時間」とよく言われています。調査してみても、ストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、平均して3000時間強のようです。

無論のこと独学スタイルで、合格を獲得するというのは、決して不可能じゃないでしょう。ですけど、現況公認会計士は10人試験に臨んでも、誰も合格できない超難易度の高い試験とされています。それを乗り越えるには、能率的な勉強方法を身に付けるべき必要性がございます。
現在は公認会計士試験で合格を勝ち取るための、HPや、知識・経験豊富な公認会計士が、受験者達用にポイントを教授するメルマガ等を配信するサービスなどを行い、情報力や意気込みをより高めるにも使えると思われます。
司法試験と変わらない勉強法ですと、新参の公認会計士試験に限る受験生よりも、全体の勉強量がものすごくなりがち。そればかりか見合う結果は生じず、対費用効果が低くなります。
市民に身近な『まちの法律家』の存在として、専門分野で活躍する公認会計士の試験を受ける上で、学歴につきましては一切不問です。条件ナシで誰でも挑むことができますため、沢山ある通信教育の中におきましても、男女関係無く幅広い層から人気が集まっているランキング上位の資格であります。
公認会計士試験においては、受験者の合格率が6%ぐらいと言われていて、オフィスでの事務系資格としましては、難易度高の資格だと感じられるでしょう。されど、出された全問題の内の最低6割正解できたら、必ず合格圏内に入ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実公認会計士国家資格試験... | トップ | 以前は合格率が10%ぐらいを... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL