最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

どんなタイプの予想問題集などで学習をするかというよりも…。

2017-07-29 14:20:01 | 日記

高度な知識や経験を必要とする試験の内容ですから、難易度が高めとされておりますが、元々公認会計士試験では、社会人を含めた多様な方々が受験に取り組みやすいように科目合格制度を設定しておりますので、各科目毎何年かかけて別々に合格しても、大丈夫な試験なのでございます。
どんなタイプの予想問題集などで学習をするかというよりも、いかなる勉強法を採用して臨むのかということの方が、断然公認会計士試験をクリアするためには重要なのです。
DVD講座や、テキストブックを見ての受身の勉強法に、心なし不安を抱いていますが、実際通信講座を活用して、公認会計士資格取得を実現したといった方々も多いですし、完全独学でやるよりは、まだいい方なんじゃないかなと思います。
難易度高の国家試験に因らず、1教科ずつその度ごとに受験する方法もアリのため、ですから公認会計士試験においては、従来より毎年5万以上もの人が受験に臨む、狭き門の試験なのであります。
実際に公認会計士試験の勉強をやる上におきましては、集中する力を維持することが難しく感じたり、やる気を持ち続けることが辛かったりといういくつか難点も経験しましたが、全体的にはこの通信講座で、良い結果につながったと心底思います。

各々の教科の合格率のパーセンテージは、大概10%くらいと、各々の教科ともに難易度レベルが高い公認会計士試験は、いわゆる科目合格制であるため、仕事に就きながら合格を獲得することができる、資格とされています。
通常5科目合格を叶えるまでに、長い年月がかかる公認会計士資格の受験では、学習を続けることができる環境が整っているかが、合格への大事な要素となり、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、大いにその部分が関係します。
一般的に通信講座に申込すると、公認会計士ないしは公認会計士であれど、いずれも家にいながらも教材各種を発送して貰うことができますので、あなたのお好みのスケジュールにて、勉強に励むといったことが可能となっています。
基本的に通信教育の講座では、公認会計士試験に的を絞ったアプローチ策をパーフェクトに記載した、資格取得専用の教材が用意されているので、独学で進めるよりも勉強の進め方が把握しやすく、勉強がはかどりやすいと断言します。
日本でもトップクラスにランクインする難易度といわれている公認会計士試験の概要は、全11科目の法律の範囲よりいろんな難題が出されるため、合格するまでには、長期間の受験勉強が必須であります。

オール独学で貫きたいのは理解できるけど、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか学習の進め方に関してなどに、気がかりに感じるといった際には、公認会計士試験を受ける人を対象とする通信教育(通信講座)を受けるなんていうのも、1つの進め方であるでしょう。
合格できず落ちたときの、膨大な勉強時間のリスク度を案じると、公認会計士資格受験は学校が提供している通信講座、それともまた通学しての講座受講を選ぶようにする方が、間違いないものではないでしょうか。
各年、2〜3万人の受験者が挑戦し、多くとも900人くらいのみしか、合格を得られません。この現況を見ても、公認会計士試験の難易度が高度であるのかが分かるはず。
基本的に消費税法に関しては、公認会計士試験の教科の中では、あまり難易度レベルは難しくなっておらず、簿記についての基本的な知識をちゃんと持ち合わせておくことで、割かし容易く、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが可能といえます。
基本公認会計士試験は、難易度の高い国家資格取得試験でありますため、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に足を運んだ方が、より無難でしょう。でも、全て独学でやっても各個人によって、かなり効率アップが望めるといったような事例もあるようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨今は…。 | トップ | 様々な資格講座が用意されて... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL