最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

2006年より…。

2017-08-13 10:50:01 | 日記

基本的に公認会計士試験の特徴とされる点として、成績そのものを評価する試験方法でありまして、合格できる定員人数を取り決めていないので、つまり問題内容の難易度の基準が、絶対に合格率になっています。
大概のことは全て集約した指導書であっても記載されていない、知識が必要となる問題におきましては、スグにギブアップするのもいいでしょう。スパッと割り切ることも、難易度の厳しい公認会計士試験におきましては、欠かせないことなのです。
言ってしまえば独学しようとも、キッチリ満遍なく、公認会計士全般に関しまして自分のものにできるんであったら、資格取得は不可能なことではないです。とは言っても、それを実現するには並大抵ではない、長い時間をかける必要がございます。
実際に教師陣の授業をリアルタイムに受けられる専門スクール通学のプラスの面は、とても魅力的でございますが、意欲さえ維持すれば、公認会計士対象の通信教育学習で、満足のいく実力を磨くことが実現可能です。
良い点が多い、公認会計士の予備校通学での効率的な勉強法ですが、その分数十万円以上のそれ相当の投資額が必要となりますので、全員皆が受講できるものじゃありません。

当然専門のスクールに通わずとも独学で、合格を狙うのは、やってやれないことではないです。だけども、公認会計士に関しては10人受けたとして、誰も合格できない難易度マックスの試験であります。難関突破するには、高精度の学習ノウハウを自分のものにしなければいけません。
2006年より、公認会計士試験の中味につきましては、沢山変化しました。それまでと違い法令科目が、非常に重要ポイントとされるようになって、多肢択一の問題であったり、記述形式の問題といったような新たな傾向の問題も登場し出しました。
経理実務の個別論点に取り掛かり始めだしましたら、関連の練習問題に可能なだけ何度も挑んで、とにもかくにも問題に慣れるようにしておくというような勉強法を新たに盛り込むというのも、公認会計士試験の簿記論教科の対策に向けてはスゴク効果が高くなります。
只今、または未来に、公認会計士の資格試験に通信教育なども受講せずに独学で受験を行う人に対して作成した、特化した専門サイトです。サイトの中では合格を叶える為の学習方法の秘訣やまた、先輩公認会計士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など様々に伝えております。
実際に国家試験の公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、10%位と、難易度が高いと言われる割には、国家資格の中でも合格率が高めであります。だけども、初めてのチャレンジで合格を勝ち取るのは、限りなく0%に近いと言われているみたいです。

実際に費やすお金が30万円以上、もしくは50万以上の負担を求められる、公認会計士試験対策の通信講座も珍しいことではございません。その場合受講のスパンも、1年強の長い月日の講座コースを設けられていることが、一般的です。
普通公認会計士試験を通信教育等に頼らず独学で合格するのは、非常にハードルが高いわけですが、勉強スタイルに手を加えたり、必須情報を漏れなく収集することで、ごく短期間で合格を勝ち取ることも、可能といえます。
自分だけの力で独学にて公認会計士試験合格を勝ち取ろうとする折には、あなた自身でベストな自己勉強法を生み出さなければいけません。そうしたような場合に、第一に優れた方法は、すでに合格をされた方が取り組んでいた勉強法と同じように行うことです。
実際合格率約7〜8%と、公認会計士試験は高い難易度を誇る難関試験であります。ただし、過分にビビることはありません。一生懸命頑張れば、学歴・経験など関係なく誰でもしっかりと合格への道は開けますよ!
通学講座&通信講座の2種を順番に受講できるカリキュラムを設けている、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、満足のいく教材と、加えて優秀な講師たちによって、公認会計士合格者全体の50%の人数の成果を出す素晴らしい実績を残しております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訓練問題によってよく理解し... | トップ | 税制の消費税法は…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL