最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際に公認会計士試験におきましては…。

2017-06-14 19:00:01 | 日記

基本的に会計分野の簿記論は、理解するべき内容は沢山ありますが、総じて計算問題が主要で作り上げられておりますから、公認会計士の資格を得ようとするためには、割かし独学で挑戦したとしましても、勉強がとりかかりやすい試験科目内容とされています。
全般的に、公認会計士試験に一切独学で合格を目指すのは、高難易度と言う真実を先に確かめておきましょう。そのことは従前の合格率の値が10%に満たないデータによっても、疑う余地もなく思い浮かべることができるはず。
根本的に科目合格制をとっておりますため、公認会計士試験においては、お仕事をしている社会人も受験に臨みやすいのですが、その分受験勉強期間が長くなる傾向が見られます。たくさんの諸先輩のやってきた勉強法を覗いてみることも大切です。
税金について定められている消費税法は、公認会計士試験の主要科目の中では、言うほど難易度は高めに設定されておらずに、簿記の基礎の学識をバッチリ認識していたら、比較的結構容易く、合格のボーダーラインを超えることができる可能性が高いです。
現実的に公認会計士試験につきましては、生半可なものじゃないです。合格率の数字は、10%ちょっとです。けれども、一度だけの試験にかけないで、数年間にわたり合格を得ようとするならば、著しく実現できないことではないです。

実際に公認会計士試験におきましては、歳ですとか性別・学歴・職歴などという条件は全く無く、どなたであろうとも受験することが出来ます。もしも法律の事柄の学識が全く無い方でも、キッチリ受験対策を実施するようにすれば、合格できるはず!
簡単に言うと実際「足切り点」(第一段階選抜)としたような門前払いのシステムが、公認会計士試験にあり大きな特徴です。つまりは、「一定ラインの点数未満なら、不合格となります」とされる点数といったものが設定されております。
実際公認会計士試験に関しては、歳や性別等の受験の資格は定まっておらず、経歴は問われません。今に至るまで、もし法律の専門的な勉強を1回もしたことがないような方でも、立派な大学を卒業していなくっても、公認会計士の資格をとることはできます。
只今、もしくは後々、公認会計士に完全に独学で試験を受ける人を対象として公開しております、公認会計士のための専門サイトとなっております。サイトの中におきましては合格を実現するための術・ヒントや、実際の仕事に関して、その魅力等をお届けしています。
今の公認会計士につきましては、物凄く難易度の高い問題が出され、通信教育の会社・カリキュラム選びで、受かるか・落ちるかが決まります。とはいえ、種々の会社が見られ、どこにすると合格を実現できるか、迷う方もおられるかと思われます。

当サイトにおいては、公認会計士対象の通信教育を、正当に選ぶことができるように、第三者的に判断が行える有益な材料を随時発信していきます。それを参考に自らがコレと言うものを選んでくださいね。
今は、直接予備校に行って受講しているといった受験者たちと、あまり開きがない勉強を実施するということができます。そちらの点を現実のものとしますのが、まさに公認会計士対象の通信講座のメインの教材となっております映像教材のDVDです。
完全に独学にて勉強をするとした、精神力はございませんが、自分のリズムで学習したいという人の場合は、公認会計士資格取得の通信講座を受講した方が、条件に合った勉強法であります。
学習にあてることができる時間が日常生活で結構持てる人は、王道とされる勉強法を行えば、公認会計士試験で合格を得ることも可ですが、普段から仕事に追われているなど日常生活で暇が無い人に対しては、良い方法ではございません。
ここ数年、公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、ほぼ2〜3%強といわれています。勉強に費やす合計時間との相互の兼ね合いにて考えたら、公認会計士の国家試験がどんなに高い難度であるか知ることが出来るのでは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 以前は合格率10%以上の台が... | トップ | 毎年合格率といえば…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL