最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

オール独学で進めているけど…。

2017-05-17 03:00:01 | 日記

通信講座(通信教育)については、教材自体の質が結果を左右します。このところDVDですとかオンラインでの動画配信などの映像系教材も大変充実しておりますけれど、公認会計士の各資格スクールによって、教育カリキュラムは実に様々です。
当然専門のスクールに通わずとも独学で、合格を目指すのは、可能であります。しかし、毎年公認会計士に関しては10人受けたとして、たった1人も合格できないハードルの高い試験といわれています。勝利を得るには、早期に正しい勉強の仕方・コツをマスターするべきです。
事実過去に法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、短期間の勉強期間にて公認会計士試験に合格されるような強者も多くいます。彼らの大部分に見られる共通点は、例外なく自分にフィットした「質の高い勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。
現実難易度が高度な試験に関係無しに、各科目ずつその時その時に受験することも出来るので、それも関係し公認会計士試験につきましては、いつも5万人強が揃って受験する、資格試験です。
2006年度(平成18年)から、法律系資格の公認会計士試験は、沢山改正がなされました。それまでと違い法令科目が、より重視されるようになって、多肢択一形式の問題や、記述式の試験問題のような暗記だけでは解けない問題なんかも多く出題されております。

言ってしまえばいわゆる「足切り点」という怖いシステムが、公認会計士試験には存在します。簡単に言うならば、「必要な点数を超えなければ、不合格となります」といった点数というものが設定されております。
最難関の税法の科目「理論暗記」を主として、公認会計士試験の勉強法のポイント及び頭脳の開発、速聴力&速読力に関しましても完全に追求!他暗記法の秘訣であったり、学習に、重宝するお役立ちツールを当サイトで発信していきます。
現実的に科目合格制という制度だから、公認会計士試験に関しましては、会社勤めしている人等も受験をしやすいのですが、とはいえ受験に取り組む期間が長きにわたるということがよくあります。そのため、過去に合格した先人の勉強法の内容を手本にするとよいのではないでしょうか。
公認会計士につきましては、たとえ学校や通信教育を受講しないで独学で挑んでも合格出来てしまう資格の1つであります。殊に今日び、働いている方々が発起して取り組む資格としては期待大でありますが、残念ながら難易度もかなり高めです。
法律系の学部を専攻しておらずとも、またかつ全くの素人であろうと公認会計士を目指せますが、だからこそオール独学は、学習量も必ず求められます。まさに私もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、思い知っています。

今日び公認会計士試験に勝つための、インターネット上のサイトページであるとか、現役の先輩公認会計士が、受験生たちに向けメールマガジン等を発信していて、情報力やまた勉強への意欲をより高めるにも使用することができます。
実際公認会計士試験に関しては、1科目毎に120分しか試験の時間が与えられていないです。受験者はその中で、より高い合格点を取らないといけませんから、勿論のことながらスピード力は必要不可欠です。
仕事をしながら、公認会計士を狙う人も沢山おられるとお見受けしますので、自分のペースでやるべきこと・やれることを一日一日ちょっとずつ取り組み続けるというのが、公認会計士試験の合格を実現できる早道となるのかもしれません。
限られている時間を上手に使い、勉強を進めることが可能であるので、仕事をしながらや及び家事などと二足のわらじを履いて公認会計士の資格取得をしようと取り組んでいる方には、通信での教育(通信講座)を受けることは、かなり重宝します。
オール独学で進めているけど、日々のスケジュール調整であったり受験勉強の方法などに、不安な点があるといったような場合は、公認会計士試験に対応する通信講座(通信教育)を受講するのも、ひとつのアプローチ方法であるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安価や問題出題範囲を選んで…。 | トップ | 実を言いますと…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL