最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際に…。

2017-10-17 11:50:00 | 日記

他よりもかかる費用が安い、対応する範囲を絞り込んで、学ぶ量を削った講座計画、精度の優れた教材一式などが好評の高合格率を誇るフォーサイト。公認会計士向けの通信講座ならばコレ、とされているくらい、受験生内で評価が高いです。
実際に専門的特性の内容なので、難易度が超高くなっておりますけど、元々公認会計士試験では、受験者のニーズに合った科目別合格制度を設けているので、各科目ずつ5年にわたり合格をゲットしていっても、支障はない試験なんです。
実際に、公認会計士試験にオール独学にて合格を志すのは、非常に困難であるという実態を認識しましょう。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%に届くことがないデータによっても、まざまざと想像できてしまいます。
非常に難関とされる資格試験となっている公認会計士試験にトライする場合においては、全身全霊を注がなければ合格は無理。且つまた一切独学で合格を実現するといったことは、寝る間を惜しんで勉学に励まないとなりません。そういった中ちょっとであっても役立つような情報サイトと感じていただければ嬉しいことこの上ないです。
輪にかけて難しいというように知られている公認会計士試験の難易度に関しては、大変高いものとなっていて、合格率を見ても約2〜3パーセントと、法律系国家資格の中でも、最高ランクの超難関試験といえます。

公認会計士試験については、超難関法律系国家資格試験とされているので、基礎から応用まで学習できる専門スクールに行って勉強した方が、いいかもしれません。さりとて、独学で臨んだとしても人により、とても上手くいくなんてこともあるものです。
2006年度から、公認会計士試験に関しましては、広範囲にわたり修正がされました。それまでと違い法令科目が、より重視されるようになって、選択制のマークシート式の、40字程度の記述式の問題というような今までなかった流れの問題も広く出題されています。
全て独学での公認会計士資格の勉強法を選ぶ場合に、1番問題として立ちはだかるのは、学習している中にて疑問と感じることがあらわれたケースで、一人で解決しなければならないことです。
合格できず落ちたときの、学習する合計時間数のリスクある点を思い巡らすと、公認会計士資格の取得試験に関しては予備校主催の通信講座、あるいはダイレクトに教わる通学式講座の選択を行うのが、確実とみなしています。
ずっと昔から、法律知識ゼロの次元からスタートして、公認会計士試験合格に絶対必要な勉学に対しての累計時間は、「3000時間少々」というデータがあります。調査してみても、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。

かいつまんで言えば試験での点数には「足切り点」といいます受験のシステムが、公認会計士試験の上ではあるのです。わかりやすく言い換えますと、「範囲内の点数に不足しているならば、不合格になる」なんていう数字があるんです。
もしも日商簿記検定の1級か2級を誰にも頼らす独学で、合格に至った人だとしたら、公認会計士試験の必須科目の簿記論やまた財務諸表論の2教科に関しては、これらも両方独学で合格を得るというのも、不可能なわけではないと思います。
ちょっと前までは合格率約10%以上が普通だった公認会計士試験でありましたけど、ここ数年は、一桁台となって定着しています。合格率一桁のケースですと、難易度上位の国家資格の中の一つとして、考えられます。
ベテラン講師達の授業をリアルタイムに受けられるスクール通学でのメリットは、良いと思うのですが、常に攻めの気持ちさえ持続できたならば、公認会計士資格取得の通信教育での学習にて、不足のない実力を磨くことが出来るかと思われます。
公認会計士の資格をとる場合、合格率の割合が6%前後となっておりますので、事務系資格カテゴリーでは、競争率の高い難関資格になっています。ですけど、全試験問題の中で最低6割正解できたら、間違いなく合格するのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本でもトップクラスにラン... | トップ | 様々な資格講座が用意されて... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL