最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際くらしの法律専門家として…。

2017-05-19 03:20:02 | 日記

科目合格制をとっている、公認会計士試験については、ひとたびで、5ジャンルの科目を受験することは求められておらず、時期をずらして1教科ごと受験を行ってもいいんです。合格した科目については、その後公認会計士資格取得まで有効とされており安心です。
他と比較してリーズナブルな受講料金や対策範囲の的を絞り、学ぶ量を減らしたスケジュール、ハイクオリティのテキストブックなどが評判の通信講座の『フォーサイト』。公認会計士の通信講座と言えばこの会社!等と口々に言われているくらい、高い好評を得ています。
当然ながら一から独学で、合格を叶えるといったことは、できないことではありません。しかしながら、例年公認会計士の資格取得試験は10人受験して、誰も受からないとっても難しい試験といわれております。いざ突破するには、高精度の学習ノウハウを会得することが求められます。
今の公認会計士試験に関しては、実際筆記タイプの試験だけしか存在せずというように、思っていいです。どうしてかというと、口頭試験につきましては、90パーセント以上の割合で不合格になることのない簡単な試験だからです。
実際くらしの法律専門家として、いろんな法律トラブルでサポートの役割を担う公認会計士の試験を受ける場合に、資格については不要です。基本的にどんな方でも臨むことができますから、沢山ある通信教育の中におきましても、年齢や性別を問わず幅広い層に支持を集めるランキング上位の資格であります。

大抵の専門学校に関しましては、公認会計士の資格を目指す人向けの通信教育が開催されています。そうした中には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、今の時代において最新の通信教育が受けられる、学校もいくつか存在しています。
毎年合格率が約2・3%のハイレベルの、公認会計士試験で合格を狙うには、独学で取り組む受験勉強だけでやるのは、手強い場合が多くあり、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで受験勉強を行うのが一般的といえます。
実際公認会計士試験については、やさしい試験とはいえません。合格率の値は、10%程となっています。とは言っても、一回に絞った試験でチャレンジせず、数年間にわたり合格を狙うつもりなら、特段実現困難なものではないのです。
網羅性の高い頼れる指導書であっても記されていない、情報が必要とされる問題が出たときは、スグに諦めるといいです。いさぎよく切り捨てるのも、高い難易度の公認会計士試験に挑むには、大事な点とされます。
公認会計士試験の勉強をしている折には、なかなか集中力が続かないとか、同じ精神状態を保つことがハードに思えたり欠点も味わいましたが、全体的に見て通信講座を選んで、本当に良かったという結論が出ています。

根本的に通信教育に関しましては、学習教材の出来が結果を左右します。ここ最近はDVDやまたウェブでのオンライン配信などの映像を使った講座も色々提供されていますが、公認会計士の予備校毎に、それらの内容に関しては大分相違します。
現実従前に法律についての知識を全く持っていないのに、僅かな期間で公認会計士試験に合格するという猛者もおります。彼らの大半に見受けられる共通部分は、例外なく自分にフィットした「ベストな勉強法」を選ぶことができたことといえます。
現実的に科目合格制という制度が設けられているため、公認会計士試験は、仕事を持っている社会人の方たちも受験に取り組みやすいながらも、一方で受験勉強の期間が長期になるということがよくあります。よって先輩合格者方のやってきた勉強法をお手本にするとよいでしょう。
実際公認会計士試験の合格率に関しましては、10%前後と、難関試験とされている割には、他の国家資格よりも高合格率となっています。けれど、一度の挑戦で合格を可能にするのは、ほぼ不可能なことということがわかっています。
今から8年前の平成18年度から、国家資格の公認会計士試験は、大幅に改正がなされました。憲法・民法などの法令科目が、重んじられるようになりまして、多肢選択方式の問題やまた、論述式問題のような新タイプの問題といったものも多く出題されております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無制限に無い限りある時間を... | トップ | 非常に専門的な内容であるた... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL