最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

合格が叶わず不合格になった際の…。

2017-05-16 11:50:01 | 日記

基本公認会計士試験を独学で合格しようとするのは、壁が厚いですけれども、勉強の進め方を上手く工夫するとか、重要な情報を十分整理することで、ごく短期間にて合格を叶えるなんてことも、可能になります。
実際に公認会計士試験は、難易度が高いと言われております、法律系国家資格の1つ。このサイトでは、目的とする公認会計士試験に必ず合格するための効率的な勉強法などを、自分自身の合格に至るまでの体験談をベースとして色々記そうと思います。
やっぱり公認会計士試験を受験するにあたっては、全力で臨むようにしないと満足のいく成果がみられない、凄くハードルが高い試験であると痛感しております。言ってしまうと制限ある時間を有効に活かして勉強に励んだ受験生が、結果的に合格できる試験といえるのです。
たった一人で独学により学ぶという、やる気はありませんけれど、己の進度で勉強したいと考える方でありましたら、やはり公認会計士の通信講座を受けた方が、好都合な勉強法といえます。
言うまでもなく独学で臨んで、合格を獲得するというのは、無理ではありません。しかしながら、例年公認会計士は10人試験に臨んでも、合格者ゼロの場合もありますハードルの高い試験といわれています。合格をするためには、効率的な学習法をマスターするべきです。

日中普通に働きながら、公認会計士になることを夢みているような人達も中にはいると存じますため、己のやるべきこと・やれることを日々絶えず取り組むのが、公認会計士試験合格を確実に得る最短ルートになるのかも。
実際先に会計事務所や公認会計士事務所にて働き、経験値を積み重ねつつ、のんびりしっかり学ぶやり方を選ぶ人ならば、通信講座を選択する方が1番合っていると判断します。
実際に講座を学ぶことができる専門学校も学習方法ともども大変多種多様であります。なので、様々な公認会計士の通信講座プランの内より、多忙な方であっても自分のペースで学ぶことが可能な、通信講座を取り扱いしております専門のスクールを比べてみました。
結局のところ、勉強スタイルは各人により違い独学でやろうと、キッチリ満遍なく、公認会計士全般に関しまして会得できるのならば、合格ゲットも実現可能です。でも、それを実現するには並大抵ではない、長い学習時間を保持することが要されます。
並大抵ではないというように名高い公認会計士試験の難易度というのは、まことに高めのものになっており、合格率の割合も多くとも3パーセントと、法律系の国家資格の中においても、上位の最難関試験といえるでしょう。

実のところ、全般的に公認会計士の試験を受ける場合は、専門学校に行かないで独学で合格実現を目指す人が僅かということも関係し、その他の資格試験と比較して、市販のテキストの数もそんなに、揃っておりません。
合格が叶わず不合格になった際の、学習量・時間のムダを思いますと、公認会計士資格受験はスクールが行っている通信講座、ORスクールに通っての通学講座を選択すると言うのが、堅実と言えそうです。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院を卒業した経験者でも、不合格の判定がでることがありえるほどなので、ツボを得た合理的な勉強法を把握した上で真面目に取り組まなければ、公認会計士の試験で合格を獲得するといったことは厳しいでしょう。
仕事をやり続けながら寝る間を惜しんで勉強に励み、結局3回試験を受けて公認会計士に合格することが叶った、わが身のくぐり抜けてきた体験を回顧しても、近年の難易度レベルは、とても高めの傾向があるように感じています。
実際にDVDであったり、本を見ての勉強の進め方に、ちょっぴり不安を持っていますけれど、本当に通信講座にて、公認会計士資格を取得した受験者もいるわけだし、完全に独学するよりは、まだいい方なんじゃないかなと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訓練問題によって理解を深化... | トップ | いざ個別の論点に取り掛かり... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL