最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

全部独学での公認会計士の勉強法をセレクトするケースで…。

2017-05-12 15:00:01 | 日記

全部独学での公認会計士の勉強法をセレクトするケースで、特に問題として立ちはだかるのは、勉強を行っている中で疑問と感じることが出てきた折に、周囲に質問できる相手がいないことであります。
このWEBサイトについては、経験豊富な公認会計士が、公認会計士試験の効率の良い勉強法の紹介を行い、あらゆる公認会計士を取り扱う通信講座の巷での評判、口コミ・レビューなどをリサーチし、解説をアップしているインターネットサイトでございます。
日中普通に働きながら、公認会計士になることを志している人も数多くいるのではないかと思いますため、いかに自分の取り組めることを日常的に着実に努めていくのが、公認会計士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。
大半の資格取得学校につきましては、公認会計士の資格を目指す人向けの通信教育が開かれています。そうした中には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、今の時代に合わせた通信教育が受けられる、資格専門学校もあったりします。
法律を専門に勉強しておらずとも、同時に現場経験が全く無い場合でも公認会計士の資格を取得することはできますが、けれどその分一から独学である場合は、寝る間を惜しむくらいの勉強することも確実に要求されます。ちなみに私も一から独学にて合格を得たので、そのことを思い知らされています。

国内においてもトップレベルの難易度といわれている公認会計士試験の概要は、憲法・民法などの11教科の法律から広く難題が出題されますから、合格したいなら、長期スパンの学習をすることが大事です。
世間一般的に公認会計士の代わりに法的業務を行う街の法律屋さんとして、社会貢献が期待されております公認会計士の立ち居地は、社会的ステータスが高い資格の一つです。それだけに、試験の難易度レベルもとっても厳しいものであります。
実際にU-CAN(ユーキャン)の公認会計士課程に関しては、各年約2万人前後に活用されておりまして、一切知識無しの未経験者でも、堅実に資格取得実現までのプロセスをベースから学ぶことができる、合格率が高い通信講座です。
基本的に公認会計士試験は、メチャクチャ難関の法律系国家資格試験とされているので、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に行くようにした方が、無難な選択です。とは言え、全部独学でしてもそれぞれの人によって、とっても能率が上がるなんていうパターンも見られたりします。
公認会計士を対象とする通信講座で、どれよりも一番にイチ押ししたいのは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。利用する指導書におきましては、公認会計士を志す受験生たちの間で、1番使える教本として定評を得ております。

目下、あるいはこの先、公認会計士の資格を得るのに一切独学でトライする方に向け公開している、総合サイトでございます。そこでは試験に合格する為のチェックしておくと良い注意点や勉強方法の助言、実際の仕事に関して、その魅力等を定期的に配信しております。
基本的に公認会計士の職種は、わざわざ専門学校に通わず独学であっても合格することができる法律系国家資格のひとつです。とりわけ今、仕事をしている人たちが成し遂げようと努力して臨む資格としては将来性がありますが、裏腹で高難易度とされております。
現実的に全必須科目の平均的な合格率の割合は、大体10〜12%位で、他のハイレベルな資格よりも、合格率が高くなっているように思ってしまいますが、それにつきましては各々の科目の合格率の数字でありまして、公認会計士試験をひとまとめにした合格率ではないですから、ご注意を。
仕事をやり続けながら勉強を両立して、とうとう3度目の試験にて公認会計士合格を果たした、わたくし自らの実経験を振り返ってみても、ここ2・3年の難易度に関しましては、大分上がりつつあると思っています。
当然公認会計士試験を独学で合格するのは、非常にハードルが高いわけですが、勉強法に工夫を加えたり、様々な情報をキッチリ確認することで、短期にて合格を叶えるなんてことも、可能といえるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般的に大多数の受験者は…。 | トップ | このHPは…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL