最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

前もって法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに…。

2017-06-22 15:50:01 | 日記

大抵の人は、名の知れた会社だし絶対バッチリとした、何の根拠も見られないいい加減なきっかけで、通信教育をセレクトしてしまいます。されど、そのようなことで難関の公認会計士に、合格できるわけがありません。
前もって法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、短期間の勉強期間にて公認会計士試験に晴れて合格される人達も存在しております。彼らのほとんどに共通している要素は、本人にピッタリの「実践的な勉強法」を確立したことです。
リミットがある時間を有効利用して、勉強が行えるため、会社に勤務しながらまた家事などと折り合いをつけて公認会計士の資格をとろうと考慮している方たちには、お家にいながらやれる通信講座は、かなり利便性が高いものです。
普通公認会計士試験を学校・スクールなどへ行かずに独学でパスするのは、めちゃくちゃ難しいですが、勉強スタイルをアレンジするとか、必須情報を漏れなく集め自分のものにすることで、短いスケジュールにて合格を叶えるなんてことも、出来てしまうのです。
以前から、法律に関する知識が全くゼロの状態から始めて、公認会計士試験合格にマストなトータル学習時間は、「3000時間程度」と伝えられています。一般的に実例でも、ストレートで合格する人の学習時間は、3000時間前後と発表されています。

現実的に公認会計士資格取得を志すケースでは、完全独学にて合格を目指そうとする受験生が少数派といったこともあり、実は他の法律系資格試験より、役立ちそうな市販の参考書なども全くと言っていいほど、つくられておりません。
どんな問題にも「法律をモノサシに考える頭を持った方」であるかそうではないのかということを確かめるような、著しく難易度高の国家試験になりつつあるのが、ここ最近の公認会計士試験の状況というように思います。
そもそも科目合格制が設けられているため、公認会計士試験は、社会人受験生も受験しやすいわけですが、その反面、受験に費やす時間が長きにわたることが傾向として起こりがちです。たくさんの諸先輩の取り組んできた勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。
国家資格取得をするための講座が受けられる予備校も学習法に関しましても多種揃います。なので、数え切れないほどある公認会計士を対象に開かれている講座の中より、あまり勉強する時間が持てないとした多忙な方でも修学可能であります、通信講座アリの専門スクールを色々リサーチしました。
今から資格をとろうと受験学習をスタートする方たちにとっては、「公認会計士試験は、いかほどの学習時間を費やせば合格できるのか?」等が、当然気になるところでしょう。

一般的に公認会計士試験は、レベルが高い国家試験の1つですから、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に頼った方が、確かではないでしょうか。しかしながら、全て独学でやっても各個人によって、そのやり方がマッチしているならOKであるなんていった事柄もあったりするようです。
今時は、通学して受講している方たちと、言うほど差が開かない勉強が実現されています。このことを具現化するのが、今現在公認会計士用の通信講座の欠かせない教材とされるDVDでございます。
利点が様々に存在する、公認会計士資格取得の予備校に通学しての効率イイ勉強法ですけれども、数十万円という相当な代金が掛かるため、どなたであっても受講できるとは言えるはずもありません。
科目による合格率の数値は、大よそ10%辺りと、1教科1教科ともに高難易度の公認会計士試験は、科目合格制となっておりますため、お仕事しながら合格を志せる、資格です。
一般的に公認会計士の仕事は、法律で定められている資格取得試験の入門編として、あらゆる世代に大人気となっているわけですが、受験合格後には、自分で事務所などを設立し、自営で開業することも実現できる法律系認定試験といわれています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際数多くの受験生は…。 | トップ | 基本公認会計士は…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL