最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

今日の公認会計士に関しては…。

2017-05-20 10:40:05 | 日記

一言で言うと「足切り点」(定められた基準点)という怖いシステムが、司法書士試験には存在しております。これはつまり、「規準点に達していないとしたときは、不合格です」とした点数が存在しているのです。
平成18年度(2006年度)以後、国家資格の公認会計士試験は、広範囲にわたり変更が行われました。例えば法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢択一式の問題をはじめ、記述式の試験問題のような思考&記述力が試される新たな問題等も多く出題されております。
今日の公認会計士に関しては、物凄く難易度のレベルが高めで、選んだ通信教育の良し悪しで、受かるか・落ちるかが決まります。そうは言っても、数え切れないくらいの会社があるため、何処を選ぶのが1番良いのか、迷われる受験生もいっぱいいるとお見受けします。
網羅性の高い頼れるテキストであれど載っていないような、より深い知識が要求される問題に関しては、即座に諦める選択をしましょう。つまりいざ割り切る行動も、難易度が超高いとされる税理士試験におきましては、肝心なことなんです。
原則的に科目合格制というシステムなので、税理士試験については、働いている社会人の人達も受験にトライしやすいのですけど、逆に受験勉強期間が長い間になる傾向が見られます。そのため、過去に合格した先人のやってきた勉強法を覗いてみることも大切です。

各年、司法書士試験の現実的な合格率については、一桁台で2〜3%くらいです。必要とされる合計学習時間との相互の兼ね合いで考えると、司法書士国家試験がいかに難易度が厳しいか分かるでしょう。
言うまでもなく独学で臨んで、試験に合格することは、不可能なことではございません。ですが、公認会計士の試験は10人トライしても、合格者が0人のケースもある難易度マックスの試験であります。難関突破するには、能率的な勉強方法を習得しなければいけません。
現実的にレッスンを受講できる教育機関も勉強法に関しても様々です。そんなワケで、複数の司法書士講座の中より、多忙な方であっても都合の良い時に勉強可能である、通信講座を開いているスクールを見比べてみました。
もちろん税理士試験をオール独学で貫くというのは、本当にハードルが高いのですが、前向きに頑張りたいと思っている受験者は、さしあたって会計ジャンルの勉強から着手するとベターでしょう。
一年の内9月より、次に迎えます年の税理士試験向けに準備を開始し出すとした方も、多くおられるかと思います。約1年あまり長いスパンで続く資格試験勉強では、ご本人に適当な勉強法で実践する努力も重要です。

一般的に「くらしの法律家」として、いろんな法律トラブルでサポートの役割を担う司法書士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は必要とされておりません。つまり誰でも挑むことができますため、通信教育の中においても、老若男女問わず関心が向けられている国家資格であります。
一般的に従来から、法令知識皆無のレベルから取り掛かって、司法書士試験合格に必須の合計の勉強時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。現実的に見ても、ストレート合格者の勉強合計時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
不適切な勉強法で取り掛かり、労力掛けて寄り道することほど、無意味なことはございません。如何にしても、効率がいいとされるスタイルで短期にて合格を実現し、公認会計士の資格をとりましょう。
実際に大勢の人たちは、ネームバリューがある会社だから確実なハズ等の、無根拠の漠然とした理由をもって、、また口コミなどを確認しないで通信教育を選びがち。しかし、そのような決め方で難関の公認会計士に、合格することは難しいでしょう。
基本的に公認会計士の職種は、最初から最後まで独学でやっても合格を実現できる国家資格の一つでございます。現時点で、会社員である人が頑張って努力する資格としましては見込みがあるものですが、隣りあわせで難易度も相当高いものであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際従前から…。 | トップ | 生涯学習のユーキャンの公認... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL