最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

税制の消費税法は…。

2017-08-13 14:10:04 | 日記

公認会計士の役割を果たす街の法律専門家として、活動に期待が集まる公認会計士の身分は、威信を伴う資格の一つです。その分、同時に試験の難易度についてもメチャクチャ難しいです。
合格率の数字については、公認会計士の受験の難易度具合が理解できる明確な基準値のひとつなのですが、この頃は、以前よりこの数字が顕著に低下気味であって、多くの受験生達に関心を向けられております。
実際に、公認会計士試験にたった一人で独学で合格を狙うのは、高難易度と言う事実をあらかじめ確認しておくように。そのことについては今までの合格率の数値が10%を超えない現状によりましても、疑う余地もなく思い浮かべることができるはず。
ここ数年の公認会計士は、大変試験の難易度のレベルが高くなっていて、どこの通信教育を選択するかで、合格不合格の判定が決まってきてしまいます。だけど、多様な会社が同じようなサービスを提供していて、どこを選ぶと合格への道に近いか、迷ってしまう受験者も多くおられるとみえます。
現に学費が最低30万円を越す、さらに時には50万を超える額の、公認会計士試験向けの通信講座も珍しくないものです。それについては契約期間も、1年以上継続の長い期間の計画で設定されていることが、多いです。

公認会計士の資格試験制度の改変と同時に、かつての運次第の不確定な博打的要素が一切なくなり、純粋に適格性があるのかが見られる試験に、今の公認会計士試験は根本から変わりました。
税制の消費税法は、公認会計士試験の主な科目の中におきましては、そんなにも難易度は厳しくなく、最低限知っておくべき簿記の知識をバッチリ認識していたら、割りにイージーに、合格のボーダーラインを超えることができる可能性が高いです。
どのような事柄に対しても「法律を基本にして物事を捉えられる人間」であるのかないかを確かめるような、めちゃくちゃ難易度の高めの資格試験に変わってきていますのが、近ごろの公認会計士試験の真実として捉えられます。
基本的に公認会計士試験の特徴を挙げると、評価基準に基づいた試験体制で、合格できる定員人数を前もって設定していないので、要するに試験全体の難易度自体が、確実に合格率に反映されることになります。
大抵全ての科目の合格率の平均値は、おおよそ10〜12%で、これ以外の難関資格と比べて、合格率が大分高いように見えるかと思われますが、これについては各々の試験科目の合格率であるわけで、公認会計士試験そのものの合格率ではありませんから、覚えておいてください。

簿記論の教科に関しましては、内容のボリューム量は仰山ありますが、全体的に計算形式の問題でつくられているので、公認会計士にとっては、割合独学で挑戦したとしましても、身に付けやすい分野の試験科目となっております。
当ホームページは、公認会計士のスペシャリストが、公認会計士試験のおススメ勉強法の指導はじめ、様々にある公認会計士向けの通信講座の巷での評判、利用の感想などの調査をして、解説をアップしているポータルサイトです。
自分だけの力で独学にて公認会計士試験合格を目指すならば、自分なりに効率的な勉強法を発見する必要があります。ともあれそのために、一等いい手立ては、先達が実施していた勉強法を参考にすることです。
一般的に5分野の科目合格にまで、長いスパンを要する公認会計士資格取得の試験では、勉強を続ける時間を確保できる環境が存在するかしないかといったことが、肝要で、現実的に通信教育のコースは、取り立ててそれが関与してきます。
これまで法律についての知識を全く持っていないのに、短期集中で公認会計士試験に晴れて合格されるツワモノもいます。彼らのほとんどに同じように見ることが出来る点は、自身にピッタリの「現実に即した勉強法」に出会うことができたことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2006年より…。 | トップ | 実際に独学での司法書士資格... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL