最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際に会計科目の簿記論は…。

2017-06-02 11:30:00 | 日記

実際に会計科目の簿記論は、把握しないといけない内容量は数多いですけど、総じて計算形式の問題で出題が行われますから、公認会計士になろうとするためには、相対的に独学で挑戦したとしましても、取り組みやすい種類の試験科目とされております。
従来より、法律の知識を何も持たず取り掛かって、公認会計士試験合格に欠かせない勉強時間数は、「3000時間ほど」とされております。現実的に見ても、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、平均的に3000時間となっております。
最初からずっと独学で貫きたいのは理解できるけど、科目勉強の時間配分や学習法などに、ちょっぴり不安を感じてしまう等々の際は、公認会計士試験向けの通信講座で学ぶというのも、いわゆる一つのやり方なのであります。
生涯学習のユーキャンの公認会計士コースについては、毎年ざっと2万人ぐらいから利用登録されていて、ちょっとも法律知識を持っていないといった受験者であれども、確実に国家資格を得るための学習方法・テクニックをベースから学ぶことができる、頼れる通信講座なのであります。
当ホームページは、現役で活躍している公認会計士が、公認会計士試験の効率的な勉強法を色々紹介して、公認会計士を対象としている通信講座(通信教育)の評判、口コミ・レビューなどの調査をして、解説を行っている総合サイトです。

実際合格率約7〜8%と、公認会計士試験は高い難易度を誇る法律系国家試験です。だけど、あまり怖気づくことはないです。本気で勉学に励むことにより、皆さんバッチリ合格は得られるはず!
公認会計士の資格をとる場合、受験の合格率がほぼ6%となっておりますので、事務系の公的資格としましては、難関といわれている資格になっています。とは言っても、出された全問題の内の60%正答であったなら、合格確実です。
どのような予想問題集などで習得するかということよりも、どういう勉強法を選んで取り掛かるかということの方が、断然公認会計士試験を通過するためには大事であります。
毎回全試験科目の合格率のトータル平均は、全体から見て10%〜12%あたりであり、他の難関国家資格よりも、合格率が大分高いように感じがちですけれど、それは科目毎の合格率の数字でありまして、公認会計士試験オールでの合格率ではございませんから、忘れないようにしましょう。
受講料が30万円以上かかる、あるいは合計50万円以上する、公認会計士向けの通信講座もよくあります。高額の講座は期間も、1年以上続く長い期間の通信コースであることが、しばしば見られます。

現実的に専門知識が要求される法律系の内容であるので、難易度が超高くなっておりますけど、根本的に公認会計士試験に関しては、受験者のニーズに合った科目別合格制度を起用しているので、1つの科目ごとに1年1教科で5年にわたり合格をしていっても、オッケーとされている試験となっています。
公認会計士試験を受けるにあたっては、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、過去の学歴云々は全く不問です。今に至るまで、例え法律に関しての勉強を何もしたことが無くとも、名の知れた大学を卒業していなくっても、公認会計士の資格をとることはできます。
つい最近の公認会計士は、スゴク難易度の高い問題が出題されており、通信教育をどこにするかで、合否の判定が分かれてきます。そうは言っても、同業社がいっぱいあるので、どこを選択すると合格を実現できるか、判断が付かない方も多いのでは。
一流講師から直接授業を受けることが出来る通学するメリット面に関しましては、大いに魅力を感じますが、集中力さえ保つことが出来れば、公認会計士資格の通信教育で勉強をすることによって、望んでいる実力を磨くことが出来るといえます。
根本的に科目合格制なので、公認会計士試験については、仕事を持っている社会人の方たちも受験に取り組みやすいながらも、一方で受験に向けて取り組む期間が長くなる風潮があったりします。たくさんの諸先輩の取り組んできた勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士につきましては…。 | トップ | 国内においてもほぼトップク... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL