最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

一昔前までは一般的に公認会計士試験は…。

2017-06-15 08:10:03 | 日記

司法試験と同一の勉強法でありますと、0からはじめる公認会計士試験専業の受験生と見比べて、合計の勉強量が大変多量になりがちでございます。そればかりか期待した結果は生まれず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。
一昔前までは一般的に公認会計士試験は、他より比較的ゲットしやすい資格なんていった様に述べられてきましたけど、今は至極難易度が上がっていて、どんなに頑張っても合格を得ることができないという資格であります。
実際公認会計士の通信講座の中にて、一際イチオシなのは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。扱うテキスト一式においては、公認会計士を目指している受験生間で、最も実用性優れた教材として定評を得ております。
もしも日商簿記検定の1級か2級を独学の学習で、合格を得たというツワモノであるならば、公認会計士試験での試験科目の簿記論、財務諸表論のこの2分野に限るなら、ともに独学で合格を獲得するといったのも、厳しいことではないといえます。
一般的に法律系の国家資格であり、極めて専門的な要素を含む職務を果たす、公認会計士と公認会計士なのですが、難易度を見比べると公認会計士の方が難関で、そしてまたその携わる仕事の中身にも、随分めいめい相違しているのです。

ハードルが高い資格取得試験とされている公認会計士試験に関しては、全力で取り組まないと合格できるわけがありません。そして全て独学で試験に合格する場合は、寝る間を惜しんで勉学に励まないとなりません。そういった中ちょっとであってもお手伝いできる情報ページとして活用してくれたら嬉しい気持ちでいっぱいです。
簿記論の教科に関しましては、内容のボリューム量は膨大なのですが、大抵全て計算を必要とする問題にて構成がなされているため、公認会計士にとっては、割合オール独学であっても、身につけやすいタイプの科目に当たります。
いざ個別の論点をしはじめたら、関係する試験の演習問題になるべく何度も挑んで、問題ないようにも慣れておくというような勉強法を採用するのも、公認会計士試験での簿記論試験対策においては相当有効性がございます。
輪にかけて難しいと口々に伝えられている公認会計士試験の難易度の程度は、すごく高度であり、合格率の状況もほんの3%前後と、日本国内の国家資格の中でも、ハイレベルとされる最難関試験といえるでしょう。
世間的に公認会計士の資格取得は、国内の法律資格試験の登竜門とされ、男女問わず・世代関係ナシで大人気となっているわけですが、合格が決まった未来には、自ら公認会計士事務所を設立し、はじめから独立・開業の道も出来る法律系の専門試験であります。

実際大部分の資格取得専門学校では、公認会計士用の通信教育が提供されています。そんな中には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、時代に沿った新しい通信教育を行っている、学校も登場しております。
事実公認会計士試験は、かなり難関であります。合格率というのは、10%ちょっとです。ではありますが、一回だけの試験ではあらず、数年かけて合格する予定でありましたら、それ程困難なことではないと思います。
現実的に合格率3%前後の超狭き門の、公認会計士試験合格を目指すには、独学で行う学習だけで挑戦するというのは、上手くいかない場合が大いにあり、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで受験勉強を行うのが世間一般的でしょう。
公認会計士の国家試験の制度の改定をきっかけに、今までの運や不運に左右されるギャンブル的なファクターが除かれ、まさにスキルあり・なしの力量が判断される試験へと、公認会計士試験の内容は新しく生まれ変わりました。
事実「法をベースに問題に接することが可能である人」であるかどうであるのかといったことを審査されているみたいな、めちゃくちゃ高難易度の法律系国家試験になりつつあるのが、近ごろの公認会計士試験の実際の様子というように思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎年合格率といえば…。 | トップ | なるべくリスクヘッジ…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL