最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

必須教科の5科目に合格することが出来るまで…。

2017-05-14 09:40:00 | 日記

必須教科の5科目に合格することが出来るまで、数年かかる公認会計士資格取得の試験では、継続して勉強ができる環境であるか否かが、決め手で、通信教育は、大いにそういった部分があげられます。
非効率的な勉強法で取り掛かり、迂回することほど、もったいないことはないです。必ずや効率がいいとされる学び方で短い年数で合格を実現させて、公認会計士になろう。
実際くらしの法律専門家として、社会に貢献できる公認会計士の試験を受ける上で、学歴につきましては不要です。どんな人でも臨むことができますから、通信教育を提供している各会社でも、性別・年齢関係なく広く注目されている資格コースとされています。
公認会計士の簿記論に関しては、会得しないといけない中身は大量なわけですが、その大部分が計算問題が主要にてつくりだされているため、公認会計士資格は法律系資格のうちでは、他より独学で行っても、身に付けやすいカテゴリーの試験科目といわれております。
実際公認会計士の業種は、全て独学で行っても合格することができる法律系国家資格のひとつです。確かに、仕事をしている人たちが決心してトライする資格としては希望が持てますが、同時に難易度も高いレベルであります。

実際数多くの受験生は、知名度の高い業者だからとか、何一つ手がかりもない具体性に欠ける理屈で、通信教育を選定してしまいがちです。しかしながら、それでは高レベルの公認会計士に、合格はできないといえるでしょう。
普段はサラリーマン・OLとして就労しながら、公認会計士を狙うといった方もおられるかと思いますから、ご自分の取り組めることを日毎着々と続けていくといったことが、公認会計士試験合格への最も近い道となるのかもしれないです。
ずっと前より、法律知識ゼロの次元からスタートして、公認会計士試験合格に必要とされております合計の勉強時間は、「3000時間少々」というデータがあります。調査してみても、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、平均的に3000時間となっております。
平成18年度(2006年度)以後、公認会計士試験の出題問題は、グンと改正がなされました。憲法・民法などの法令科目が、非常に重要ポイントとされるようになって、多肢択一の問題であったり、40字記述式の問題というような暗記だけでは解けない問題なんかもお目見えしました。
どういうテキストブックを用いてマスターするのかというよりも、どのような効率的な勉強法で突き進むのかの方が、殊に公認会計士試験を通過するためには重要なのです。

通学講座コースかつ通信講座コースの両方をミックスして受講できるカリキュラムを設けている、人気の「資格の大原」につきましては、ハイクオリティのテキスト一式と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、昔からずっと公認会計士合格者数の50%以上を世に出すといった高実績を誇っております。
DVD教材や、教本を利用しての勉強に対して、心なし不安感を持っているわけですが、事実上通信講座を受けて、公認会計士資格を取得した受験生もとても多いし、独学する選択をとるよりも、マシではないかと思うのです。
出来れば万が一に備える、安全な道を選ぶ、念のためにという狙いで、公認会計士試験のケースでは、公認会計士資格取得対象の予備校などに通う方が効率的ですが、独学で貫くことを選択することも支障はないでしょう。
資格をとるのがとても厳しい試験とされております公認会計士試験に立ち向かうには、全力で取り組まないと合格できるわけがありません。無論独学にて合格を叶えるというのは、かなりの努力が必要でしょう。ほんのちょっぴりでもお役に立つサイトとして使用してくれればハッピーです。
基本通信教育は、テキストはじめ教材全体の質が結果を決めます。ここ最近はDVDはじめPCで見るオンライン配信のような動画学習系も色々提供されていますが、各々の公認会計士の資格取得学校によって、詳しい中身は違いがあるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原則的に公認会計士試験の特... | トップ | 通常公認会計士試験は…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL