最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

合格率の値が全体の7%前後とすると…。

2017-05-05 21:20:05 | 日記

1年間の中で秋時期の9月から、次の年度の公認会計士試験を対象に準備をスタートするなんて方々も、多く存在しているかと存じます。1年前後長い間やり通す受験勉強では、本人に適切な勉強法を見つけ出す創意工夫も大事であります。
非効率的な勉強法で取り組み、迂回することほど、もったいないことはないです。是非とも最善のやり方で短期スパンで合格をゲットし、公認会計士の地位に就きましょう。
合格率の値が全体の7%前後とすると、公認会計士試験は相当難易度が高そうにみえるものですけど、絶対評価により到達度点数の最低でも60%以上の問題に正解できたら、合格をゲットすることは絶対に大丈夫です。
基本的に公認会計士試験につきましては、年齢についてや性別、これまでの学歴などの指定はないですから、どなたであろうとも資格取得を狙うことが出来るようになっております。しかも法律の詳細な知識ゼロの未経験者であっても、キッチリ試験対策をして挑めば、合格を実現することも可能であります。
実際毎年、2〜3万人が試験に挑み、そのうちの600人から900人に限ってしか、合格を実現することができません。この部分に着目しましても、公認会計士試験の難易度の様子が把握できます。

実際公認会計士試験を独学にて行うのは、すっごく厳しいことでありますけれども、そんなハンデがあってもやりたいと思われている方は、差し当たり会計に関わる科目の勉強から入ると良いかと思います。
消費税法の中身は、公認会計士試験科目の中では、それ程難易度は高度ではないもので、簿記のベースの知識をバッチリ認識していたら、割合困難とせず、合格点数のボーダーを越すことができる可能性が高いです。
一般的に高難度という風によく言われる公認会計士試験の難易度の程度は、大変高度なもので、合格者の合格率も多くとも3パーセントと、法的な国家資格の内でも、トップクラスの桁違いの難関試験であります。
公認会計士の資格試験制度の改変と同時に、それまでの運・不運による博打的な不安要素が排除され、極めて真の実力が備わっているのかが品定めされる国家試験へと、昨今の公認会計士試験は基本から作り直されました。
リアルに会計事務所OR公認会計士事務所にて働き、現場において実地経験を積んでスキルアップしながら、確実に勉強に励むというような方でしたら、通信講座を選択する方が最適と考えます。

昼間働きながらコツコツ勉強して、3回目の正直で挑んだ試験で公認会計士合格を果たした、自身の実体験を思い返しても、ここ数年来における難易度の程度は、かなり厳しくなってきているように感じています。
網羅性の高い頼れる専門書にすら記載されていない、学識が求められる問題においては、早々に降参するようにしましょう。潔いのも、難易度が高めの公認会計士試験に挑戦するには、重要とされます。
公認会計士向けの講座を受けることができる予備校も学習法に関しましても多様に取り揃っております。ということから、いろんな公認会計士の資格取得講座の中にて、会社勤めしている方であろうと学習することが出来ます、通信講座を行っている専門のスクールを比べてみました。
公認会計士につきましては、たとえ一から独学で臨んだとしても合格を可能とすることができる資格であります。今現在、会社勤めの人がいざ一念発起でチャレンジする国家資格としては将来性がありますが、隣りあわせで難易度もハイレベルとされています。
通信教育の場合、公認会計士試験の受験対策を万全にした、資格取得専用の教材がつくられていますので、オール独学より学習の仕方が把握しやすく、勉強がスムーズにいきやすいといえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私自身公認会計士試験の勉強... | トップ | 公認会計士試験につきまして... »

日記」カテゴリの最新記事