最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

法令系の国家資格であって…。

2017-05-14 19:10:01 | 日記

主流の資格取得スクールにおきましては、公認会計士資格向けの通信教育が存在します。そういった中には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、今の時代に合わせた通信教育が受けられる、資格専門学校も登場しております。
現時点皆が、公認会計士合格の実体験を綴った体験記なんかを、あれこれ集めて読まれている目的は、きっと、どうした勉強法・やり方がご自分に最適であるのか、戸惑っているからではないですか。
法令系の国家資格であって、極めて専門的な要素を含む仕事を行う、公認会計士はじめ公認会計士ですが、どちらの難易度が高いかといえば公認会計士の方が厳しく、さらに担う役割内容も、大幅に違うのです。
通信講座の場合は、公認会計士であっても公認会計士にしても、両方指定先まで教本などを送って頂けるため、皆さんの空いた時間に、勉強に取り組むことが可能であります。
無論公認会計士試験を独学でやるのは、本当にハードルが高いのですが、前向きに頑張りたいと思われているような方は、第一に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから着手するようにしましょう。

簡単に言いますならば「足切り点」(足切り最低点)という怖いシステムが、公認会計士試験の上ではあるのです。簡潔に言えば、「定める点数に足りていないなら、不合格の判定になります」というような点が設けられているのです。
毎年毎年、2万〜3万人前後の方たちが受験をして、たった600〜900名のみしか、合格することができません。この現況を鑑みても、公認会計士試験の難易度レベルが高度であることが判別できるといえます。
実際難易度がめちゃくちゃ高い法律系試験であるのに、それぞれ数年かけて受験可能なことなどから、ですから公認会計士試験においては、毎年毎年5万人位の方が受験に挑む、狭き門の試験なのであります。
実際に公認会計士に関しましては、誰にも頼らず独学であろうと合格することができる法律系国家資格のひとつです。なかんずく現在、働いている方々が頑張って狙う資格としては期待ができますけれども、残念ながら相当難易度もHIGHであります。
メリットと思える点が多い、公認会計士のスクールに通う上での効果が期待できる勉強法ですが、その分数十万円以上の相当な授業料が掛かりますので、受験する人が全員やれるというわけではなさそうです。

実際に独学での公認会計士試験の勉強法の選択を行う場合、最大に問題としてあらわれやすいのは、学習している中にて分からない点などが発生してきた様なときに、回答を求めることができないということでしょう。
根本的に科目合格制となっておりますので、公認会計士試験は、働いている社会人の人達も受験に挑戦しやすいのだけど、その一方受験勉強の期間が長くなる嫌いがあります。ぜひ過去の諸先輩方たちの勉強法の具体的手法にチャレンジすることも必要でしょう。
難しい国家試験の公認会計士試験にトライする場合においては、超頑張らないと100パーセント合格は叶いません。且つまたオール独学で合格を得ようとする行動は、並大抵の努力では難しいです。僅か程度であってもサポートすることができるホームページとして利用していただければ幸いです。
なるべくリスクヘッジ、安全な道を選ぶ、用心するに越したことはないという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、合格率が高いスクールに通った方が効率的ですが、けれども独学をセレクトする考え方も支障はないでしょう。
合格率の数値が全体から見て7%のみといったら、公認会計士試験は著しく難易度が高そうにみえるものですけど、設定された目安の合計60%以上の試験問題に正解することができれば、合格を得ることは絶対に大丈夫です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通常公認会計士試験は…。 | トップ | 勉強に集中できる学習時間が... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL