最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

毎年合格率といえば…。

2017-06-15 00:20:01 | 日記

国家資格5科目合格に到達するまで、年数を要することになる公認会計士試験では、継続して勉強ができる十分な環境条件が、大きなキーポイントであり、通信教育(通信講座)については、なおさらその部分が関係してきます。
近年、公認会計士試験合格者の合格率は、2・3%程度となっております。必要とされる合計学習時間との相互バランスを一考すると、公認会計士国家試験がどのくらい難関試験であるのかイメージすることができるのではないでしょうか。
毎年合格率といえば、公認会計士資格の難易度具合が理解できる目安のひとつになりますが、この頃は、この比率が間違いなくマイナスになってきていて、大勢の受験生達から広く関心を集めています。
平成18年の法令変更により、公認会計士試験に関しましては、沢山改正が実行されました。憲法・民法などの法令科目が、重んじられるようになりまして、多肢択一形式の問題や、記述形式の問題といったような思考&記述力が試される新たな問題等も多く出題されております。
国家資格試験の公認会計士試験の合格率に関しては、10%〜12%と、物凄く難関と言われております割には、他の国家資格よりも高合格率となっています。ただし、初めてのチャレンジで合格を可能にするのは、ほぼ完全に0%だと言われているみたいです。

総じて、公認会計士試験に誰にも頼らずに自分の力で独学で合格を志すのは、難易度が高いということを理解しておこう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%超えしない結果をみるだけでも、明らかに推察できることです。
科目合格制となっている、公認会計士試験におきましては、1度の試験にて一気に、5ジャンルの科目を受験する規則はなく、それぞれの科目ごと1件ずつ数年かけて受験を実施してもいいシステムです。先に合格をゲットした科目は、この先公認会計士になるまで有効とされており安心です。
高い網羅性を誇っているテキスト書においても記されていない、高度な知識が必須の問題については、潔く諦めるようにしよう。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度がめちゃくちゃ高い公認会計士試験に挑むには、重要といえます。
国家資格の内でも上位に入っている位の難易度とされる公認会計士試験の実際の中身は、11科目の法律の内から複数の問題が出ますので、合格したいなら、長期間の十分な試験勉強が要必須です。
現実的に完全独学での公認会計士の勉強法をセレクトするケースで、殊の外支障をきたすのは、勉強をしている中で理解できない箇所が発生してきた様なときに、問うことが出来ない点です。

近々資格試験に向けて試験の勉強を開始する方たちにとっては、「公認会計士試験に関しては、どれだけの勉強時間を保持したら合格することができるのか?」といった情報は、当然知っておきたい点ではないでしょうか。
簡単に言うと実際合格するには「足切り点」とした門前払いのシステムが、公認会計士試験には存在しております。つまるところ、「定める点数に届いていないと、通過できずに不合格となりますよ」というような点が定められているんです。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは公認会計士事務所にて、実務経験を積んでいきながら、徐々に勉強していこうやり方を選ぶ人ならば、どちらかといえば通信講座の方がピッタリ合っているだろうと思います。
実際に公認会計士試験に関しては、スゴク高難易度でございます。合格率の数値は、10%程となっています。けれども、一発試験ではなく、何年間かかけて合格を狙うつもりなら、特別実現困難なものではないのです。
法律系の国家資格でありまして、非常に専門的なお仕事をする、公認会計士と公認会計士なのですが、実際の難易度としましては公認会計士の方がより難しめで、そしてまた職務内容に関しましても、色々な点でめいめい相違しているのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際に公認会計士試験におき... | トップ | 一昔前までは一般的に公認会... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL