最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

全て独学での公認会計士資格の勉強法を決定する場合に…。

2017-07-31 06:50:01 | 日記

法律系の大学卒業の資格がないといけない必要も、かつ今まで未経験者だとしても公認会計士の仕事に就くことは可能なわけですが、しかしながら独学で臨む場合は、何百時間もの勉強時間・量も確実に要求されます。己もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、身にしみています。
一般的に通信教育では、どちらの学校でも公認会計士試験1本に焦点を合わせた方策を完璧に取り扱っている、公認会計士資格専用のテキスト教材が取り揃っているため、独学するよりも学習法がマスターしやすく、勉強が効率よくできるはずです。
今あなた達が、公認会計士の合格への流れを記載した体験の覚書を、様々にインターネット等で見ているワケというのは、高確率で、どういう取り組み方や勉強法がご自分に対してベストなのか、迷いが生じているからでしょう。
難しい国家試験の公認会計士試験については、中途半端な努力では合格することはできません。さらに独学にて合格を叶えるというのは、相当頑張らなければなりません。けれども僅かでも貢献できるインターネットサイトになったら嬉しいです。
法人税の個別の検討論点に取り組み出したら、関係する演習問題に出来る範囲で臨み、問題を解くことに慣れておくとの勉強法を採用するのも、公認会計士試験の傾向を踏まえた簿記論対策については相当有効性がございます。

普通大半の方は、名の知れた会社であるし確かだろうなんていうような、何の根拠も存在しない具体性に欠ける理屈で、通信教育(通信講座)をチョイスしがちでしょう。でも、そのようなことでいざ公認会計士試験に、合格するはずはないです。
国家資格専門学校の公認会計士レッスンを受けたいんだけど、近場に学校がどこにもない、いつも仕事が忙しく時間に余裕がない、家事などで学校に通学する暇がないような人に向けて、各スクール毎で、自分のペースで取り組める通信講座のサービスの提供を行っています。
難易度が超高い試験となっていますが、それぞれその度ごとに受験OKなことにより、そういったことも関係して公認会計士試験に関しては、毎年毎年5万人超を超える受験者が揃って受験する、ライバルが多い試験になっています。
いずれの問題集を使用して学ぶのかというのではなく、いかなる能率的な勉強法で学習を進めるのかということの方が、断然公認会計士試験で合格を勝ち取るためには重要だと言えます
くらしをサポートする法律家として、法律の知恵をアドバイス&力になれる公認会計士の試験を受ける上で、学歴につきましては不問とされております。つまり誰でも挑むことができますため、通信教育の中においても、年代や男女問わず関心が向けられている国家資格であります。

大抵全ての科目の合格率のトータル平均は、全体の10〜12%くらいで、他の難関国家資格よりも、合格率が高くなっているように思ってしまいますが、それは科目毎の合格率でして、公認会計士試験自身の合格率ではないですから、ご注意を。
全部独学だけに限定して学習を行うといった、十分な自信は持っておりませんが、自分自身の歩度に合わせて学ぶことができたらという人には、公認会計士資格取得の通信講座の方が、適した勉強法といえます。
全て独学での公認会計士資格の勉強法を決定する場合に、他の何よりも障壁となり得るのは、学習している中にて不明点が一つでも生じたという際に、教えてくれる人がいないことです。
効率の悪い勉強法を取り入れて、迂回することほど、残念なことはありません。如何にしても、あなたに合った手立てで短期集中で合格を実現させて、公認会計士となって社会に貢献しましょう。
一年の中でも9月〜、次の年度の公認会計士試験を対象に調整しだす受験生たちなんかも、いっぱいいらっしゃるでしょう。おおよそ一年間にわたるハードな受験勉強におきましては、ご自分に最適な勉強法を探し出す努力も重要です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法試験と変わらない勉強法... | トップ | 現に法科大学院の修了者であ... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL