最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

オール独学で公認会計士試験合格を叶えるためには…。

2017-06-19 15:30:05 | 日記

実際消費税法の内容は、公認会計士試験の科目の内では、言うほど難易度は高めではあらず、簿記の知識を土台から掴んでおくことによって、割かし楽に、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが出来るはず。
今日皆々様方が、国家資格の公認会計士の実際の合格体験記といったものを、あれやこれやとサーチして拝見しておられるワケは、高確率で、どんな勉強法・進め方がご自分に適しているかということに、迷いがあるからではないでしょうか。
科目合格制となっております、公認会計士試験に関しては、一回に、5種の科目を受験することはしなくてよくって、それぞれの科目ごとで受験してもOK。1度合格できた科目は、公認会計士になれるまで有効とされ失効にはなりません。
通学講座+通信講座の2つのコースをセットにして受けられるようになっております、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、クオリティの高いテキスト一式と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、毎年公認会計士合格者の全体の1/2以上を出すといった絶大な信頼&実績があります。
合格率の値が一桁台と、公認会計士試験についてはかなり難易度の高い難関試験であります。とは言っても、あんまり怖気づくことはないです。効率的に勉強をしていくことで、学歴・経験など関係なく誰でも必ず合格への道は開けますよ!

オール独学で公認会計士試験合格を叶えるためには、己自身で適格な勉強法をあみださなければいけないです。そんな時に、特段確実な手段は、先達が実施していた勉強法を参考にすることです。
全て独学オンリーで勉強を行うという、心の強さはありませんが、ご自分の調子に合わせながら学ぶようにしたいと考えている方ならば、強いて言えば公認会計士の通信講座(通信教育)の方が、条件に合った勉強法といえるのではないでしょうか。
公認会計士の試験に合格して、そう遠くない将来「自力で新しい道を開く」とした積極的な野望を持っている方なら、どれだけ公認会計士の難易度の状況がめちゃくちゃ高めでも、そのハードルも必ずや超えて成就することができることと思います。
公認会計士に関しては、もしも全部独学だとしても合格可能な資格の一つといわれています。とりわけ今、サラリーマン・OLなどの方が発起して取り組む資格としてはとても有望ではありますけれど、裏腹で難易度もハイレベルとされています。
全部の教科の平均合格率の値は、およそ10〜12%くらいで、他にある難関といわれる資格よりも、合格率が上であるように思えますが、これに関しましてはそれぞれの科目の合格率ということであって、公認会計士試験丸ごとの合格率というものではないです。

最も関門とされる「理論暗記」を第一に、公認会計士試験の効率のいい勉強法かつ効果的な頭脳エクササイズのやり方、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましても完全に追求!あとは様々な暗記の仕方であるとか、勉強に、重宝するお役立ちツールを皆さんに提案していきます。
大学で法律を専攻していなくても、かつ今まで未経験者だとしても公認会計士の職に就くことはできますけれど、ともあれ独学スタイルなら、相当な学習量も要必須です。ちなみに私も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、身にしみています。
実際従前から、法律の知識を何も持たず着手して、公認会計士試験合格に最低限必要とされる勉強の時間は、おおよそ「3000時間くらい」といった統計がございます。現実的に見ても、ストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、約3000時間くらいとなります。
当たり前ですが公認会計士試験にトライするという際におきましては、全力を注がないようだと不合格になってしまう、ハイレベルな試験であるといったように思えます。空いた時間を能率的に活用して学習に取り組んだ人が合格への道が開ける試験なんです。
合格率の数字が3%強の難関の、公認会計士試験合格を目指すには、独学で行う受験勉強のみで進めるのは、困難な場合が多くあり、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して試験勉強するのが一般的といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中には30万以上…。 | トップ | 合格率の数字が7%ほどと…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL