最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

元より公認会計士試験にトライするという際におきましては…。

2017-05-14 00:50:04 | 日記

そもそも公認会計士試験とは、かなり難易度が高めであります。合格率の数字は、ざっと10%くらいです。ただし、一度の試験ではなしに、長期間かけて合格する予定でありましたら、それ程難度が高いものではないと思われます。
近ごろ公認会計士の通信講座の中におきまして、最もイチオシなのは、国家資格の取得を心強くサポートしてくれるLEC です。活用する教本は、公認会計士の受験生の中で、使いやすさ&網羅性NO.1の学習書として高評価が集まっています。
実際に独学での公認会計士資格の勉強法を選択する際に、最大に壁となる可能性があるのは、勉学に励んでいる中にて疑問に思う事柄があらわれたケースで、回答を求めることができないということでしょう。
実際に合格者の合格率が全体から見て7%のみといったら、公認会計士試験は超難易度が高そうに思えますが、絶対評価により到達度点数の最低60%以上の問題がちゃんと正解することができたなら、合格するということは確かとなるといえます。
通信講座受講の場合には、公認会計士であっても公認会計士にしましても、どちらも本人の家にまで教材一式を宅配していただけるんで、各人の時間配分で、勉強に励むことができるのです。

現実国家資格の中でも、より難易度が高い公認会計士なわけですが、他よりも合格へ行き着くまでの道が容易ではないほどに、ようやく国家資格を得た後は人材の受け入れ先の多さや年収増、そして高い階級の立場を構築できる可能性が高いのです。
基本的に会計分野の簿記論は、把握しないといけない内容量は多いですが、ほぼ全部計算タイプの試験問題で作り上げられておりますから、公認会計士になろうとするためには、相対的に独学であろうと、理解しやすい試験教科といえるでしょう。
超難関の法律系の国家資格とされている、高い専門性を持つ職分の、公認会計士と公認会計士でございますが、難易度を見比べると公認会計士の方が難関で、それだけでなく職務内容に関しましても、大幅に異なる箇所がございます。
法科大学院(専門職大学院)で学業を修めた方でも、合格できないことが生じたりするほどですから、本質を突いた合理的な勉強法を考慮し真剣に取り組まないと、公認会計士の試験で合格を獲得するといったことはメチャクチャ大変でしょう。
会社勤めをしながらコツコツ勉強して、結局3回試験を受けて公認会計士に合格することが叶った、わが身の経験をみても、ここ2・3年の難易度レベルは、とても上がりつつあるとした印象を持っています。

難易度が超高い法律系試験であるのに、各科目ずつその度ごとに受験することも認められておりますので、ですから公認会計士試験においては、いつも5万を超える人が受験にチャレンジする、狭き門の試験なのであります。
資格取得を目指す上で予備校の公認会計士の講座を受講したいけれど、近隣にそれらの専門学校が存在しない、いつも仕事が忙しく時間に余裕がない、学校に通学しようとする時間がないという方たちに対して、個々のスクールでは、好きな時間に勉強すればよい通信講座を開いています。
元より公認会計士試験にトライするという際におきましては、不十分な努力ですと望む結果が得られない、困難な試験だというように強く思います。要するにちょっとでも空いた時間があればなるべく合理的に活かして勉強に取り組み続けた方が、最終的に合格する試験であります。
基本科目合格制度がある、公認会計士試験の国家資格取得は、1回に一気に、5種類の科目を受ける規則はなく、各科目毎に受けても良いということになっております。1回合格した科目は、公認会計士資格を獲得できるまで有効なのです。
普段はサラリーマン・OLとして就労しながら、公認会計士資格ゲットを狙っているといったような人々もおられるとお見受けしますので、本人の行えることを毎日毎日コツコツと積み上げ努めていくのが、公認会計士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法律系の大学卒業の資格がな... | トップ | 原則的に公認会計士試験の特... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL