最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

前から…。

2017-05-18 15:30:00 | 日記

実際に公認会計士試験は、難易度が高いと言われております、法律系国家資格の1つ。当サイトでは、目標の公認会計士試験に一発合格するための有益な勉強法などを、私の合格ゲットの実体験を経て得た情報を踏まえてアップします。
先に法律知識ゼロにも関わらず、短期の学習期間にて公認会計士試験に合格するという受験生もいます。合格をした方々に見られる共通点は、自分自身に相応しい「ベストな勉強法」を選ぶことができたことといえます。
ベテランの先生たちにその場で見てもらえる予備校通学の長所は、そそられますが、集中力さえ保ち続けることにより、公認会計士資格取得の通信教育での学習にて、間違いなく力をつけていくことが出来るはず。
実際に数ある国家資格と比較しても、超難易度が厳しいとされる公認会計士なのですが、合格するまでの道が困難極まりないからこそ、いざ資格取得後は確実な就職やお給料、同時に高ステータスのポジションを持てる現実も近づきます。
前から、法律の知識ゼロより取り組んで、公認会計士試験合格に必要とされております勉強への取り組み時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。実際のところ、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、3000時間超とされています。

網羅性の高い頼れる指導書であっても記されていない、学識が求められる問題においては、早々にギブアップするのもいいでしょう。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度レベルが高い公認会計士試験に挑むには、必要なアクションなんです。
このネットサイトの上では、公認会計士資格取得の通信教育を、的確に正しく選定できるように、中立的な立場で判断することが出来る様々な材料をお届けいたします。その先は自らが選択しましょう。
現実、公認会計士試験については、1つの科目で2時間に限ってしか試験の時間が与えられていないです。よってその僅かな時間の中で、合格レベルに達する点を取らないといけませんから、無論スピード&正確さは必要であります。
毎年全教科の平均的な合格率の割合は、約10〜12%であって、他の難関国家資格よりも、合格率が高くなっているように思えますが、それは科目毎の合格率であって、公認会計士試験をひとまとめにした合格率ではないので、頭に置いておくように。
超難関資格試験と聞こえが高い公認会計士試験に挑むには、全身全霊を注がなければ100パーセント合格は叶いません。もちろんたった一人で独学にて合格を狙うのは、物凄くガンバル必要がございます。僅か程度であってもお役に立つサイトと感じていただければ嬉しいことこの上ないです。

2006年より、公認会計士試験システムに関しては、様々に修正がされました。憲法・民法などの法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、マークシート方式の試験問題だとか、記述式(論文)での問題のような思考&記述力が試される新たな問題等も多く出題されております。
公認会計士の役割を果たす街の法専家としまして、社会的に活躍が期待される公認会計士に関しましては、社会的な地位のあるといわれている資格であります。したがって、それに反映して試験の難易度についても相当厳しいものであります。
公認会計士試験の役割は、公認会計士として活躍するために求められる造詣の深さ、そしてそれを応用する能力が備わっているかどうであるのかを、品定めすることを1番の目的に、執行する法律系の国家試験です。
専門スキルの高い法律系の内容であるので、難易度高ですが、基本公認会計士試験においては、便利な一部科目合格制を設定しておりますので、1教科ずつ5年間にわたり合格を獲得していくやり方も、大丈夫な試験なのでございます。
税務上の個別論点の範囲に取り掛かり始めだしましたら、関係する試験の演習問題になるだけ何回もチャレンジし、問題ないようにも慣れておくとした勉強法を盛り込むのも、公認会計士試験での簿記論試験対策においては相当有効性がございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もしも日商簿記検定の1級か2... | トップ | 無制限に無い限りある時間を... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL