最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

生涯学習のユーキャンの公認会計士対象の教育講座は…。

2017-05-20 16:50:03 | 日記

ほとんど独学で通しているけど、時間の管理や且つまた学習法などに、リスクを感じるといったような場合は、公認会計士試験を対象としている通信教育(通信講座)を受けるなんていうのも、ひとつの手段であるでしょう。
現実的に公認会計士試験は、そう簡単ではないと言われている、国家資格の一つであります。ここでは、目当てとする公認会計士試験に合格するための有益な勉強法などを、管理人自身の合格するまでの体験談をベースとして詳細に書きます。
現在の公認会計士に関しては、合格率の割合が6%前後とした結果が示されており、オフィスでの事務系資格としましては、狭き門の資格に入ります。しかしながら、出された全問題の内の6割正解したら、合格すること間違いありません。
現実、公認会計士試験については、各々の科目あたり2時間しか受験する時間がありません。受験者はその中で、合格できる点を目指さなければいけないため、当たり前ながら問題解答のスピードは必要であります。
通学講座&通信講座の2種を掛け合わせて受講可能な、CMでも有名な「資格の大原」は、優良な教材と、ベテランの講師たちにより、公認会計士試験合格者の二分の一の数を輩出するという業界トップクラスの実績を誇ります。

受講料が30万円以上かかる、コースによっては50万以上の負担を求められる、公認会計士資格の通信講座も珍しいことではございません。この場合講座を受講する期間も、1年程度〜の長期のスタイルであることが、多くあります。
なるたけリスクを避ける、安全性を重視、念には念を入れてといった考えで、公認会計士試験を受験する際、公認会計士向けの専門学校に通う方がおススメではありますが、しかしながら独学を選定したとしても差し支えないです。
安めの料金設定や問題が出題される範囲を絞って、学習の量を減らしたスケジュール、高い精度の教材一式などが人気である通信教育の「フォーサイト」。事実公認会計士通信講座を一つ挙げるならコレとされているくらい、受験生内で評価が高いです。
科目合格制が採用されている、公認会計士試験の国家資格取得は、同じタイミングに1度に、5科目全てを受験する決まりは無く、1回に1科目のみ数年かけて受験を実施してもいいシステムです。1回合格した科目は、将来公認会計士になることができるまで有効なのです。
日本の国家資格のうちでもナンバー10に入る高難易度を誇る公認会計士試験につきましては、憲法はじめ11の科目の法律から数多くの問題が出題されるものなので、合格をゲットするためには、長期的な取り組みが求められます。

例年全受験科目の平均合格率の数字につきましては、約10〜12%であって、他にある難関といわれる資格よりも、合格率が上であるようにとられがちですが、それについては各教科の合格率でして、公認会計士試験オールでの合格率ではございませんから、忘れないようにしましょう。
全般的に、公認会計士試験に独学スタイルで合格を勝ち取るのは、高難易度と言う事実をしっかり見定めておくようにしましょう。毎年の合格率が全体の10%に至らない現実からも、明白に推し量れるものであります。
現実、公認会計士試験の独学での合格は、超困難ですけれど、勉強のやり方を上手く工夫するとか、様々な情報をキッチリ見聞きすることによって、少ない時間で合格しようとすることも、出来てしまうのです。
生涯学習のユーキャンの公認会計士対象の教育講座は、毎年概ね2万人程度に受講がされていて、ちょっとも法律知識を持っていないといった受験者であれども、手堅く資格をとることが出来るまでの手順を自分のものにできるといった、高品質の通信講座となっています。
当然ながら公認会計士の合格を目指すには、適切な勉強法で進めるのが、極めて重要です。当HP上では、公認会計士試験の日程表をはじめとする専門の参考書の選び方など、受験生向けの役立つ多種多様な情報をアップ中です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の公認会計士に関しては…。 | トップ | 原則的に税理士試験は…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL