最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際授業を受けられます予備校も学習法に関しましても実に多種多様となっています…。

2017-05-19 11:30:00 | 日記

当インターネットサイトは、現役で活躍中のベテラン公認会計士が、公認会計士試験の効率いい勉強法の指導はじめ、かつまた数多くの公認会計士資格取得専門の通信講座の受験者たちの間での意見、口コミ・レビューなどを調べ、分かりやすく解説しております公認会計士に特化したサイトとなっています。
実際授業を受けられます予備校も学習法に関しましても実に多種多様となっています。そのため、複数の公認会計士専門講座の中から、忙しい受験生でも都合の良い時に勉強可能である、通信講座を取り扱いしております専門学校の比較をしました。
基本公認会計士試験におきましては、1科目ごとで120分しか試験の時間が与えられていないです。その中にて、より高い合格点を絶対にあげないといけないので、当たり前ですが素早さは要求されるといえます。
難しい国家試験の公認会計士試験を受験する際には、全力で向かわなければ合格不可能です。それもましてやたった一人で独学にて合格を狙うのは、寝る間を惜しんで勉学に励まないとなりません。けれど少々でもお役に立つサイトになったら嬉しいです。
現実的に全必須科目の合格率のトータル平均は、10〜12%ほどで推移し、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が上であるように捉えやすいですけど、それは科目毎の合格率であって、公認会計士試験全体の合格率では、決してないのです。

通信教育(通信講座)だと、公認会計士試験に的を絞ったアプローチ策を完全にとりまとめた、公認会計士資格専用のテキストやDVD教材が揃っているので、独学でやるよりも勉学の流れが把握しやすく、勉強がはかどりやすいのではないでしょうか。
やはり公認会計士に合格するには、効率の良い勉強法でやるのが、最も大事といえます。このインターネットサイトでは、公認会計士試験の開催日だとかお勧めの教科書のセレクト方法など、受験生に向けて重宝する多種多様な情報をアップ中です。
スクール代が30万円超え、コースによってはプラス20万の合計50万円以上の、公認会計士試験向けの通信講座といったものもよく見られます。この場合講座を受講する期間も、1年強の長期スケジュールの通信コースであることが、多々見られます。
現実的に毎年、2〜3万名ぐらいが試験を受け、約600名から900名だけしか、合格できないのです。その点に注目しても、公認会計士試験の難易度がめちゃくちゃ高いというのが分かるはず。
通信教育につきましては、テキストなど教材一式のレベルが結果を左右します。今時はDVDだとかネット経由の動画配信などの動画授業も増えておりますけど、公認会計士の学校により、その内容については大きく異なっています。

プラスとなる面ばかりの、公認会計士学校通学における効率良い勉強法ですが、その分数十万円以上のかなりの代金が求められますから、受験生皆が参加できるというわけではなさそうです。
言ってしまえば完全に独学であろうと、ちゃんと、公認会計士のお仕事に関しまして理解することができましたならば、合格も夢ではありません。だけど、これにはよっぽど、長時間学習する必要性があるのです。
今から8年前の平成18年度から、国家資格の公認会計士試験は、多数訂正されました。例えば法令科目が、より重視されるようになって、選択制のマークシート式の、記述方式の試験問題といった思考&記述力が試される新たな問題等も多く出題されております。
一般的に公認会計士試験は、メチャクチャ難関であると言われております、国家資格のうちの1種です。こちらにおきましては、憧れの公認会計士試験に見事合格するための有益な勉強法などを、管理人自身の合格までの道の生の経験を基に書き記します。
これまで法律知識ゼロにも関わらず、ごく短期の学習時間で公認会計士試験で合格を獲得する人達も存在しております。合格をした方々にある共通される事柄は、本人にピッタリの「現実に即した勉強法」に出会うことができたことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 非常に専門的な内容であるた... | トップ | 原則的に公認会計士試験をオ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL