最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

もしも日商簿記検定の1級か2級を誰にも頼らす独学で…。

2017-05-18 11:30:01 | 日記

何年か前までは合格率の割合が10%台をキープしていた公認会計士試験も、ここ数年は、低下し1割満たない値で滞っています。合格率一桁の台というと、難易度が厳しい国家資格の内のひとつとして、把握されます。
原則的に公認会計士試験を独学にてやりぬくには、とても容易なことではありませんが、それでも取り組みたいと望んでいる人は、まず先に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから取り掛かるとベターでしょう。
もしも日商簿記検定の1級か2級を誰にも頼らす独学で、合格できた実力の持ち主であったら、公認会計士試験の中の簿記論ですとか財務諸表論の2種類に関しましては、これもオール独学で試験に合格するのも、厳しいことではないのではないでしょうか。
現在、あるいは近い将来、公認会計士の試験に誰にも頼らず独学で受験を行う方に向け公開している、便利なコンテンツサイトとなっております。ここでは合格を得るための術・ヒントや、仕事について、及び業務の魅力などをアップしています。
メリットが多くあげられる、公認会計士資格の専門スクールに通学する勉強法でございますけれど、普通十万以上のそこそこのお金が掛かるため、どんな人でも受講することが出来るわけじゃないでしょう。

通常公認会計士試験は、年齢・性別や過去の学歴などの条件は不問ですので、誰であっても受験OK。万が一法律に関しましての学識をほとんど有していないといった方であれど、適切な受験勉強を実行することで、合格も夢ではありません!
間違った勉強法を取り入れて、迂回することほど、もったいないことはないです。必ずベストな方策によって短期の間で合格をゲットし、公認会計士資格を取得しましょう。
基本通信教育は、教材自体の質が合否を分けるものです。今日ではDVDかつネット配信などの授業を録画した映像教材なんかも多様にあるわけですが、それぞれの公認会計士の資格取得スクールによって、それらの内容に関してはかなり異なります。
通信講座受講の場合には、公認会計士であれど公認会計士の資格でしても、どっちも自宅宛に学習書などを送付して頂くことが可能なため、個人個人の空いた時間に、勉強に励むことができるのです。
市民に身近な『まちの法律家』の存在として、様々な問題の解決などでサポートする役目を果たす公認会計士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は一切不問です。どなたでもチャレンジすることが可能なため、通信教育内でも、性別は関係なしに幅広い層の方達から高い人気がある国家資格となります。

公認会計士試験の勉強をしている折には、長時間集中力の持続が出来なかったり、いつもモチベーションを保持し続けることが困難だったりなどの不利な点も色々ありましたけれども、総括的には通信講座を行って、満足できたという結論が出ています。
練習問題により見識を深め基礎の部分を掴んだ後、実際の応用問題へチェンジする、一般的な勉強法で取り組むのが、公認会計士試験のうちの簿記論を極めるには、大変有効性があるとされます。
普通公認会計士試験を受験しようとする場合、厳密な受験条件などなく、経歴は制限がありません。今に至るまで、法律関係の勉強をしたことがなくっても、知名度が高い大学を出ていない場合でも、誰でも公認会計士資格取得は可能なことです。
実際、通学して教わっている受験生たちと、そんなに開きがない勉強が行えます。その件を現実に可能にしますのが、今においては公認会計士資格の通信講座の王道の教材とされておりますDVD講座です。
当然公認会計士試験を独学でパスするのは、非常にハードルが高いわけですが、学習方法に変化を持たせるとか、有益な情報をちゃんと集め自分のものにすることで、短いスケジュールにて合格を志すといったことも、できるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学で法律を専攻していなく... | トップ | 前から…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL