最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際に合格率が10%以下と…。

2017-06-02 02:30:02 | 日記

くらしをサポートする法律家として、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する公認会計士の受験に、学歴や資格は不問とされております。どのような方でもトライできますので、通信教育の内でも、老若男女問わず高い人気がある法律資格でございます。
ここ数年、公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、ざっと2〜3%ほど。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間とのバランスを見ると、公認会計士の資格取得試験がいかに難易度レベルが高いものであるか想像出来るでしょう。
通常多くの人たちは、しばしば見聞きする会社であるし確かだろうなんていうような、何一つ手がかりもないうやむやな理由にて、通信教育を決めてしまいがち。だけれども、そのような決め方で決して公認会計士に、合格出来るはずはないでしょう。
法律系国家資格の、極めて専門的な要素を含む職務を果たす、公認会計士・公認会計士であるわけですが、難易度を見比べると公認会計士の方が一層手ごわく、それに伴い業務の詳細につきましても、大幅に違うのです。
実際に合格率が10%以下と、公認会計士試験は他の資格よりも難易度のキツイ試験の一つと言えるでしょう。とはいえ、過度に恐れないで大丈夫。本気で勉学に励むことにより、誰であっても間違いナシに合格を目指すことができます!

数ある公認会計士の通信講座の中でも、殊に推奨したいのは、LEC(Legal Education Center) でございます。活用するテキスト一式においては、公認会計士受験生のうちで、著しく有用であるテキスト書だと評価が高いです。
学習にかけられる時間が日頃多く確保できる人は、普通の勉強法にて、公認会計士試験をパスすることも有り得ますが、会社勤めをしているなどスケジュールに追われているような方には、最善な方策とは言い切れません。
簡単に言うならいわゆる「足切り点」という受験制度が、公認会計士試験においてはあります。すなわち、「必須点数に不足しているならば、不合格判定になります」との数値があるんです。
実際特殊な内容であるため、難易度が超高くなっておりますけど、元来公認会計士試験におきましては、受験者のニーズに合った科目別合格制度があるため、個々の科目ごと5年間かけて合格をゲットしていっても、OKな試験でございます。
通信講座受講の場合には、公認会計士あるいは公認会計士でありましても、ともに受験生の家に本等を宅配していただけるんで、皆さんの好きな時に、学ぶことができるものです。

なるべくリスクヘッジ、安全に、用心の上にも用心しようという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、予備校に行って勉強した方が良いといえますけれど、独学でやることを選択する考えも問題ないかと思われます。
一般的に公認会計士の合格率の数値は、約1.75%と知られております。近年、国内でも米国をモデルにした法科大学院というものが新たにつくられて、その学校のカリキュラムをクリアしたら、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位が手にできます。
国家試験制度の改定実施に沿って、これまであった努力よりも運に関係する賭博的な面が全部消え、実際に腕前があるものかがチェックされる試験へと、公認会計士試験の内容は大きく生まれ変わったんです。
少し前までは合格率が10%ぐらいが当たり前だった公認会計士試験でしたが、今では、一桁の割合で滞っています。合格率一割以下である場合、高難易度の国家資格として、捉えられるでしょう。
実はDVD及び、テキストブックを見ての学習方法に、ちょっぴり不安になってしまうのですが、事実毎年通信講座により、公認会計士資格を取得した受験者もいるわけだし、独学で進めるよりは、マシであるだろうと受け止めています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勿論のこと独学の勉強法にて…。 | トップ | 公認会計士につきましては…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL