最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

数年前までは合格率1割以上を保っていた公認会計士試験でございましたけれども…。

2017-08-14 00:50:01 | 日記

今、もしくは将来、公認会計士に独学スタイルで受験を行う受験生対象の、特化した専門サイトです。サイトの中では合格を叶える為の押さえておきたいポイントとか、お仕事の中身、プラスそれらの魅力度などをお知らせしております。
もちろん公認会計士試験を独学でやるのは、めちゃくちゃハードルが高いのですが、トライしてみたいと思っている受験生は、第一に簿記論など会計科目を会得することから着手することを推奨します。
一般的に9月に入ってから、次の年度の公認会計士試験を対象に準備をやり出す受験者も、結構多いかと思われます。1年前後続くとされる厳しい受験勉強では、己に最善な勉強法を知るとした工夫も必要であります。
毎度大抵、公認会計士試験の事実上の合格率の数字は、おおよそ2〜3%位であります。勉強に費やす合計時間とのバランスに目を留めると、公認会計士資格取得試験がどれ程難関試験であるのかご想像いただけるかと思われます。
現に学費が最低30万円を越す、時々には50万円以上の金額の、公認会計士資格の通信講座といったものもよく見られます。その場合受講のスパンも、1年以上継続の長期にわたってのカリキュラムとなっているケースが、多くあります。

頑張って資格を取得し、先々「自らの力で活路を開きたい」という確固たるモチベーションを抱いている人なら、公認会計士試験の難易度が超高いものでも、そんなような障壁なんかも必ず打ち破ることが可能かと思います。
結局のところ、勉強スタイルは各人により違い完全に独学であろうと、確実に、公認会計士の内容についてマスターできるなら、合格を叶えるということは可能であります。ですけど、そうするためには結構、長い期間に渡ることが要必須であります。
勉強できる時間が連日存分にキープできる人は、通常の勉強法によって、公認会計士試験に合格できますが、毎日何やかやと時間に余裕がない人に対しては、最善な方策ではないと断定できます。
常日頃から「法律を軸に思考でモノを考えられる者」であるのかないかを審査されているみたいな、スゴク難易度アップの試験にチェンジしてきたのが、近年の公認会計士試験の真実として捉えられます。
公認会計士試験制度の内容の手直しにあたりまして、これまでの運任せの賭博的な因子が除かれ、事実上能力があるのかどうかといったことが判断される試験に、今の公認会計士試験はリニューアルしたんです。

数年前までは合格率1割以上を保っていた公認会計士試験でございましたけれども、今現在、ダウンし一桁のパーセンテージでおさまりつづけています。合格率一桁のケースですと、難易度が高度な国家資格の1業種として、認知されるのです。
一般的に公認会計士試験の主要な特徴ある点については、指標に基づき評価を行う試験で行われていて、合格できる定員人数を決めていないから、結果として試験の問題の難易度そのものが、そのまんま直に合格率に表れてきます。
現実的に公認会計士試験を通信教育等に頼らず独学で合格するのは、めちゃくちゃ難しいですが、学習方法を変えてみたり、重要な情報を十分整理することで、短いスケジュールで合格することも、可能でしょう。
基本的に消費税法に関しては、公認会計士試験の受験科目の中では、それ程難易度は高いものではなくて、簿記に関する基本知識を押さえておくことにより、比較的結構厳しいこともなく、合格を勝ち取るということが可能になるといえます。
従前に日商簿記2級や1級レベルを誰にも頼らす独学で、合格できた実力の持ち主であったら、公認会計士試験での簿記論とか財務諸表論の2つの教科に関しては、これらも両方独学で合格を得るというのも、難易度が高いことではないと思われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際に独学での司法書士資格... | トップ | 普通公認会計士試験を独学で... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL