最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際合格率がたった7%だけと聞かされると…。

2017-10-10 02:10:01 | 日記

実際に会計事務所であったり公認会計士事務所勤めをして、経験値を積み上げながら、コツコツ勉強を行うような人のケースですと、あえて言うならば通信講座がおススメと考えます。
数年前までは合格率十数%以上が通常になっていた公認会計士試験であったけれど、現在においては、マイナスになり一桁台の数字におさまっています。合格率一桁とした場合、難易度が高度なランキング上位の国家資格として、認知されるのです。
公認会計士につきましては、たとえ全て独学で行っても合格を手にすることができる資格といえます。とりわけ今、社会人の方がやる気を出して狙う資格としては希望が持てますが、残念ながら難易度も相当高いものであります。
基本的に公認会計士試験につきましては、1科目に対し2時間に限ってしか受験の時間が割り当てられていません。そういった中にて、それ相応の合格点を絶対にあげないといけないので、当然ながらスピード&正確さは要求されるといえます。
どのような教材で会得するのかというよりも、どういった勉強法を採用して学習を進めるのかという方が、確実に公認会計士試験を通るためには大切なポイントとなります

全部独学で行っているのはすごいけど、科目勉強の時間配分や勉強の方法についてなどに、少々心配になる等々の際は、公認会計士試験を受ける人を対象とする通信講座で勉強するというのも、ひとつの手段といえるでしょう。
かいつまんで言えばいわゆる「足切り点」という基準点制度が、公認会計士試験の上ではあるのです。要するに、「必須点数に到達していないと、不合格です」という規準点が設けられているのです。
つい最近は公認会計士試験合格対策の、HPや、知識・経験豊富な公認会計士が、受験生宛てに効率的な学習法を伝えるメルマガ等を発刊していまして、情報を集める力+日々のモチベーションをアップするためにも利用できるものです。
公認会計士の合格を狙うには、手際の良い勉強法でやるのが、スゴク大事といえるでしょう。このネットサイトでは、公認会計士試験の日取りですとかお勧めの教科書のセレクト方法など、受験生に向けて重宝する情報等を紹介しています。
合格率の割合が7%程度と、公認会計士試験は難易度のレベルが高い難関試験であります。されど、過剰に恐れないで大丈夫。コツコツ努力を重ねることにより、どなたでもしっかりと合格への道は目指せるんです!

法律系の国家資格でありまして、深い知識・経験を要する務めをする、公認会計士及び公認会計士でありますけど、どちらの難易度が高いかといえば公認会計士の方が難しいとされており、そしてまた取り扱う業務内容にも、結構違いが見られます。
昔から毎年、2、3万人辺りが受験を行い、約600名から900名程度しか、合格を獲得できません。この部分に着目しましても、公認会計士試験の難易度がとても高いといったことがわかってしまいます。
実際に費やすお金が30万円以上、さもなくば50万円以上の金額の、公認会計士資格取得の通信講座も珍しくないものです。高額の講座は期間も、1年を上回る長期間の受講コースで組まれているといったことが、普通にあります。
実際合格率がたった7%だけと聞かされると、公認会計士の国家資格試験はスゴク難易度が厳しそうでございますが、絶対評価により到達度点数の合計60%以上の試験問題に正解できたら、合格するということは間違いないといえます。
一般的に高難度とされております公認会計士試験の難易度の水準は、超高度なもので、合格率の数値も概ね2・3パーセントと、日本の国家資格の中でも、ハイレベルとされる難関の試験となっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全部独学での司法書士を狙う... | トップ | 国家資格取得試験の公認会計... »

日記」カテゴリの最新記事