最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

全部独学での公認会計士資格の勉強法をチョイスする場合に…。

2017-06-17 12:50:07 | 日記

合格率の値が約7%と言われますと、公認会計士の資格試験の中身は相当難易度がシビアな感じにみえるものですが、絶対評価で到達点数の全体の60%以上の問題が合えば、合格するということは確実となります。
努力して資格を得て、近いうちに「自らの力で挑戦したい」とした強固な意志がございます人であるなら、いくら公認会計士の難易度が厳しくとも、そんなような障壁なんかもきっとクリアできるでしょう。
平成18年度(2006年度)以後、公認会計士試験の出題問題は、様々に改正が実行されました。まず憲法や行政法・民法等の法令教科が、重要視され、多肢択一式の問題をはじめ、記述形式の問題といったような思考力が求められる新しい傾向の問題というのもお目見えしました。
難易度高の試験でありながら、1教科ずつその度ごとに受験する方法もアリのため、それ故公認会計士試験は、1回に5万人以上の方たちが揃って受験する、受かりづらい試験なのです。
法律系の国家資格でありまして、極めて専門的な要素を含む仕事を担う、公認会計士かつ公認会計士なんですけれど、難易度については公認会計士の方が難しくなっていて、その上執り行う業務の詳細にも、結構違っております。

科目合格制となっております、公認会計士試験におきましては、同じタイミングに1度に、全5科目を受験することは求められておらず、1つの科目ごとに長期間にわたって試験を受けてもいいのです。合格した科目については、この先公認会計士になるまで有効とされていて2回受ける必要はないのです。
全部独学での公認会計士資格の勉強法をチョイスする場合に、1番問題としてあらわれやすいのは、勉強に取り組んでいる途中に不明な点があるといった折に、誰かに質問するということができないことです。
これまでに簿記検定試験1OR2級クラスを独学の勉強法で、合格できた実力の持ち主であったら、公認会計士試験での試験科目の簿記論&財務諸表論の2つに限りましては、これもオール独学で合格を実現しようとするのも、高難度なというわけではないかも。
実際合格率約3%の難易度の高い、公認会計士試験にて合格を得るためには、一から独学での学習だけで挑戦するというのは、スムーズに行かないことが色々あり、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して学習するのが普通といえます。
実際に事前の法律知識ゼロにも関わらず、ごく短期の学習時間で公認会計士試験にて合格を可能にした強者も多くいます。合格をした方々に同様に共通している点は、皆個々にとって適切な「確実な勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。

公認会計士試験というのは、事実上記述式の筆記試験だけしかこなさなくてよいと、判断して問題ないです。と言いますのは、口頭試験につきましては、余程マズイことをしない限り不合格とはなり得ない形式的な試験だからです。
実際9月時期から、次の年度の公認会計士試験を対象に取り掛かり始める受験生たちなんかも、結構多いかと思われます。1年以上長い間やり通す受験勉強では、ご自身にフィットする勉強法を身に付けることも超重要になります。
合格が叶わなかった場合の、総勉強量&時間のリスキーな点を考えると、公認会計士資格を取得する受験は学校が提供している通信講座、他には直接の通学講座を選択する方が、より安心でしょう。
公認会計士の役割を果たす街の法律専門家として、盛んな活動が望まれます公認会計士の立ち居地は、社会の中で地位の高いといわれる資格です。ですので、その分だけ試験の難易度についても著しく厳しいものであります。
法律学部を卒業していなくとも、過去に実務経験無しでも公認会計士の資格はとれますが当然その分全て独学で行うならば、かなりの勉強時間・量ともマストなことです。小生も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、身にしみています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大概の資格取得専門学校では…。 | トップ | 会社に属しながら並行して勉... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL