最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

受験当日まで学習時間が昼夜たっぷり確保できる人は…。

2017-06-09 12:10:02 | 日記

今の公認会計士試験に関しては、基本筆記式の試験しか無いものであると、捉えていいでしょう。何故かといいますと、口頭での試験は、ほとんどの方が不合格になることのない簡単な程度の試験だからであります。
イチから全て独学の取り組みは褒められるけど、時間の管理や且つまた学習法などに、不安な点があるというケースでしたら、公認会計士試験に対応する通信講座を申し込むのも、ひとつの手段ではないでしょうか。
公認会計士向けの通信講座にて、一等効果的でおすすめなのは、LEC(レック)のコースです。用いるオリジナルテキストにつきましては、公認会計士を志す受験生たちの間で、非常に使い勝手の良い教科書として評判が高いです。
資格に強いと評判のユーキャンの公認会計士資格講座は、毎年約20000名の受講実績があって、何にも法律の知識が無いという方であったとしても、コツコツ粘り強く資格が取得できる実力をベースから学ぶことができる、信頼の置ける通信講座なのでございます。
押しなべて、公認会計士試験に独学スタイルで合格を可能にするというのは、めちゃくちゃ大変であるといった事実をあらかじめ確認しておくように。そのことは従前の合格率の値が10%に満たないデータによっても、目に見えて想像できてしまいます。

DVD教材や、テキスト学習材での学習方法に、若干不安を抱いていますが、現実で通信講座を受け、公認会計士の難関資格を取った合格者も沢山おりますし、全部独学で実行するよりは、ベターなのではと考えております。
以前は合格率の値が10%位が通常になっていた公認会計士試験であったけれど、昨今は、1割以下の率におさまっています。合格率が一桁ならば、難易度が高めの法律系国家資格のひとつとして、捉えられるでしょう。
受験当日まで学習時間が昼夜たっぷり確保できる人は、普遍的な勉強法を取り入れることによって、公認会計士試験の合格を目指せますが、毎日何やかやとスケジュールに追われているような方には、最善な方策ではないと断定できます。
例年、2〜3万名ぐらいが受験に臨み、僅か600名〜900名に限ってしか、合格できないのです。その点に目を向けても、公認会計士試験の難易度の加減がわかってしまいます。
基本的に会計分野の簿記論は、ボリューム量は多いですが、全体的に計算を必要とする問題でつくられているので、公認会計士は、比較して独学で臨んでも、学びやすい科目にあげられます。

公認会計士試験を受けるにあたっては、詳しい受験の制約なんてなくって、これまでの学歴は条件に入っていません。その為、それまで、もしも法律の事柄を学習を全然やったことがないといった人であっても、名高い学校卒業の学歴がないケースでも、公認会計士の資格をとることは可能でございます。
公認会計士の試験で合格するためには、しっかりした勉強法での進め方が、かなり肝要です。このインターネットサイトでは、公認会計士試験の日程表をはじめとする専門の参考書の選び方など、受験生に有用な多様な情報をアップしております。
他と比較してリーズナブルな受講料金や対応する範囲を絞り込んで、学習の量を出来るだけ減らしたコース、質の高い教本セットなどが人気である通信教育の「フォーサイト」。今日公認会計士の通信講座をあげるならココでしょ!というほど、人気が集まっております。
元来科目合格制となっておりますので、公認会計士試験は、多忙な社会人受験者も受験しやすいのだけれども、ところが受験学習にかける期間が長期にわたるということがよくあります。なので、先人の方々の優れた勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
大抵全ての科目の合格者の合格率の平均は、全体から見て10%〜12%あたりであり、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が高いように見えますが、これに関しては教科毎の合格率でして、公認会計士試験全部をひっくるめた合格率ではないですから、ご注意を。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎日の生活の中で時間を有効... | トップ | 一般的に法律系の国家資格で... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL