最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

訓練問題によってよく理解し基礎的な部分をしっかり身に付けた後…。

2017-08-13 06:50:01 | 日記

高度な専門性を持った試験の内容ですから、難易度が非常に高度となっておりますが、根本的に公認会計士試験に関しては、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度があるため、それぞれの科目ごとに5年にわたって合格を得ていく方法も、大丈夫な試験なのでございます。
受験制度の作り変えに沿って、これまであった努力よりも運に関係する賭博的な面が取り払われ、実に真の実力が備わっているのかが大きく問われる難易度の高い試験へと、公認会計士試験は基本から作り直されました。
実を言えば、公認会計士資格につきましては、全て独学で合格実現を目指す人が少数派といったこともあり、その他の試験と比べてみますと、市販の教科書も全くと言っていいほど、販売されてません。
国内の法人税法に関しましては、会社を運営していくには、絶対欠かせない基礎的な知識となっております。だけど、暗記事項が相当あるんで、世間では公認会計士試験の高いハードルなどと言われているのです。
兼ねてから、法令知識皆無のレベルから取り掛かって、公認会計士試験合格に欠かせない勉強への取り組み時間は、少なくとも「3000時間位」とされています。現実を見ても、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、約3000時間くらいとなります。

中でも公認会計士試験につきましては、メチャクチャ難関の国家試験といわれている試験なので、合格率が高い専門のスクールに定期的に通った方が、リスクを避けられます。とは言え、全部独学で挑んでも各人によって、とても効果がみられる場合もございます。
訓練問題によってよく理解し基礎的な部分をしっかり身に付けた後、現実的な総括問題へとスウィッチしていく、確立された勉強法をし続けるというのが、公認会計士試験での簿記論合格には、まさに効果があるようです。
大多数の専門学校に関しましては、公認会計士用の通信教育が提供されています。またその中には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、近代の最先端のツールで通信教育を行っている、学校なんていうのも出てきました。
今多くの方々が、公認会計士の受験・合格体験記録やらを、いっぱいネットなどで検索して見られている理由は、おそらく、いかようなアプローチ・勉強法が己自身にベストなのか、考えあぐねているからでしょう。
国家資格取得試験の公認会計士試験の合格率については、およそ10%程度と、難関と表されているにしては、比較的高い合格率となっております。ただし、一発勝負で合格を叶えられるのは、0%に限りなく近いということがわかっています。

法律を専門に勉強しておらずとも、またかつ全くの素人であろうと公認会計士になることは可能ですが、その分やはり全部独学というケースは、勉強時間も必ず求められます。自身も一から独学にて合格を得たので、それをかなり実感しております。
基本的に公認会計士試験につきましては、年も性別ともに受験の資格なんか無く、過去を遡った学歴なんかは限定されておりません。ですので、今まで、例え法律に関しての勉強を1度たりともしたことがないケースであれど、知名度のあるような大学卒でなくとも、関係無しに公認会計士資格取得はできます。
会社に勤務しながら並行して勉強を行い、3回目の正直で挑んだ試験で公認会計士に合格することができた、自分のくぐり抜けてきた体験を回顧しても、ここ2・3年の難易度に関しては、めちゃくちゃ厳しくなってきていると思っています。
資格試験に合格できないケースの、学習する合計時間数の危険性を考えますと、公認会計士受験対策として専門学校の通信講座、それともまた通学して授業を受ける通学講座を選ぶのが、安全だと思われます。
もとより独学でやって、合格するということも、やってやれないことではないです。ですが、公認会計士資格は10人挑んでも、合格者ゼロの場合もあります間口の狭い試験とされております。資格を取得するためには、優れた学習方法を自分のものにしなければいけません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数年前までは公認会計士試験... | トップ | 2006年より…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL