最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

非常に専門的な内容であるため…。

2017-05-19 05:10:01 | 日記

一般的に通信講座に申込すると、公認会計士あるいは公認会計士であれど、いずれも指定先まで必要な教材等を届けて貰うことが可能であるので、あなた自身の空いた時間に、勉強に励むということができるんです。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院の卒業者であろうと関係なく、不合格となってしまうことが生じたりするほどですから、的確な合理的な勉強法をじっくり考え立ち向かわなければ、公認会計士資格試験合格実現は困難といえます。
実際に公認会計士の代理のくらしの中の法律家として、活発な働きが要求されます公認会計士の身分は、社会的な地位のある職業資格です。それだけに、試験の難易度レベルも超高いものです。
必須教科の5科目に合格することが出来るまで、数年かかる公認会計士資格取得試験では、学習を続けることができる環境であるか否かが、肝要で、現実的に通信教育のコースは、殊更そういったことが関与してきます。
そもそも公認会計士の試験を受ける場合は、たった一人の力で独学にて合格を得ようとする人が少ない状況であり、公認会計士を除く他の法律系国家試験と見比べて、役立ちそうな市販の参考書なども満足のいくほど、充実していません。

ベテランの先生たちに直々に指導を受けることが出来る学校通学の特徴は、良いと思うのですが、同じ精神状態さえずっとキープできたら、公認会計士通信教育での勉強で、充分にレベルアップが可能でしょう。
非効率的な勉強法で挑んで、紆余曲折するということほど、意味の無いことはないでしょう。是が非でもベストな方策によって短期にて合格を実現させて、公認会計士になる夢を叶えましょう。
公認会計士と並ぶ法律系の国家資格とされ、専門性が高い役割をする、公認会計士はじめ公認会計士ですが、現実の難易度に関しては公認会計士の方が難関で、そしてまたそのお仕事内容についても、色々な点でめいめい相違しているのです。
100パーセント独学でやっていて、日程調整かつ勉強のやり方等に、気になる点が存在するといった際には、公認会計士試験に的を絞った通信教育(通信講座)を受けるなんていうのも、いわゆる一つのやり方なんではないかと思っています。
一般的に平均の合格率が7%前後と言われると、公認会計士試験は超難易度が厳しくって大変そうですけれど、特定の基準に基づいた6割以上の問題がキッチリ解けたならば、合格判定は間違いないでしょう。

平成18年度に入ってから、法律系資格の公認会計士試験は、多数改正が実施されました。新たに法令科目が、大きく重視されるようになりまして、多肢択一タイプの問題とか、記述方式の試験問題といった思考力が求められる新しい傾向の問題というのも広く出題されています。
合格率の割合が7%程度と、公認会計士試験はとても厳しい難易度の難関試験であります。されど、行過ぎるくらい気後れすることはないですよ。必死に頑張り続ければ、学歴・経験など関係なく誰でも必ずや合格への道は開けますよ!
非常に専門的な内容であるため、難易度がかなり厳しいものですが、元々公認会計士試験では、便利な一部科目合格制を採っているため、それぞれ一年に一度5年かけて合格を積み重ねていっても、大丈夫な試験なのでございます。
平たく言うと「足切り点」(定められた基準点)という受験のシステムが、公認会計士試験には設定されています。言い換えれば、「必須点数に届いていないと、落ちてしまいますよ」というような点が用意されているのです。
すでに日商簿記2級や1級の資格を独学の勉強法で、合格を得たというツワモノであるならば、公認会計士試験においての簿記論とか財務諸表論の2つの教科につきましては、ベースを理解しているため独学にて合格を勝ち取るということも、不可能なことではないのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際くらしの法律専門家とし... | トップ | 実際授業を受けられます予備... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL