最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

以前は合格率10%以上の台が当たり前だった公認会計士試験でしたが…。

2017-06-14 16:50:00 | 日記

網羅性の高い頼れるテキストでさえも記されていない、学識が必要とされる問題につきましては、直ちに諦めるといいです。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度高の税理士試験で合格を得るためには、肝心なことなんです。
門戸が狭いといったように言われております司法書士試験の難易度というのは、すごく高いものとなっていて、毎年の合格率も僅か3%くらいと、国内の国家資格の中でも、最高ランクの難関資格試験となっております。
大方の専門学校に関しましては、司法書士資格向けの通信教育が提供されています。それらの内には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、流行の最先端を取り入れた通信教育サービスを展開している、資格取得スクールもいくつか存在しています。
実際に現場において法人税法は、経営を行っていくにあたって、絶対欠かせないベースの知識でございます。けれども、内容のボリュームがスゴクあるために、受験生の間では税理士試験の最大の難関などと言われているのです。
公認会計士さんに代わる地域の法律家として、期待が寄せられる司法書士に関しては、社会的に地位の高いといわれております資格です。その分、同時に試験の難易度の状況も大変難しいです。

一般的に消費税法については、税理士試験科目内では、あまり難易度は高いものではなくて、基礎的な簿記の知識をバッチリ認識していたら、割とイージーに、合格判定を得ることが可能でしょう。
現実的に司法書士試験は、高い難易度を誇る国家試験といったように言われているため、専門知識を基礎から学べる専門の学校に行くようにした方が、ベターです。ですけど、一切合切独学だとしても受験生により、そのスタイルが最も効率的であるといったような事例もあるようです。
以前は合格率10%以上の台が当たり前だった公認会計士試験でしたが、最近は、一桁台でずっと定着をみせております。合格率が一桁ならば、高難易度のランキング上位の国家資格として、捉えられるでしょう。
司法書士試験の合格率は、おおよそ1.75%と知られております。今日、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院というのが設けられ、そのコースを終えることが出来れば、新司法試験を受験する折の必須資格が手にできます。
現実的に司法書士試験を独学で合格しようとするのは、壁が厚いですけれども、勉強の取り組み方をアレンジするとか、多くの情報をいろいろとチェックすることで、短いスケジュールで合格を狙うのも、可能といえます。

ここ数年、司法書士試験の合格率の割合は、おおよそ2〜3%位であります。勉強にあてる総時間数との相互の兼ね合いで考えると、司法書士の試験内容がどれ位難易度が厳しいか見てとれるかと存じます。
昨今は公認会計士試験の対応策用の、オンライン上のポータルサイトとか、プロの公認会計士が、受験生に宛てて勉強のコツなどを教えてくれるメルマガ等の発行を行っていて、情報収集及び士気を高く持つためにも役立つものではないかと思います。
必須分野の5科目に合格するまで、数年を必要とする税理士の国家試験におきましては、常に勉強をやり続けられる環境が存在するかしないかといったことが、肝で、通信教育コースを選択する際は、一際そういった事柄が言えます。
どのような事柄に対しても「法律を基本にして思考が出来る人物」であるか否かを審査されているみたいな、めちゃくちゃ高い難易度の試験に変化してきているのが、ここ最近の公認会計士試験のリアルな現状と受け止めています。
国家資格の内でも非常に難関と言われている難易度とされる司法書士試験の実際の中身は、全11分野の法律の中から複数の難題が出されるため、合格をゲットするためには、長いスパンでの学習をすることが不可欠になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士を対象とする通信... | トップ | 実際に公認会計士試験におき... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL