最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際合格率約3%の門戸の狭い…。

2017-05-17 09:30:00 | 日記

現場において「法律的に考える頭を持った方」であるかそうでないのかということをまるで問われるような、超高い難易度の試験にチェンジしてきたのが、今日の公認会計士試験の状況ではないでしょうか。
法律系の大学を卒業していなくとも、またド素人であったとしましても公認会計士にはなれるものですけれども、けれどもそれだけゼロから独学で進める方は、何百時間もの勉強時間・量も相当要します。己もオール独学で合格を手に入れたため、それをかなり実感しております。
公認会計士試験といいますのは、公認会計士を生業にするために絶対に必要な基本・高等な知識やそれを現場で活かせる力量を有しているのかいないのかを、見ることを主要な目的として、一年に1回行っている難関とされる国家試験でございます。
高い難易度の資格試験と知られている公認会計士試験にトライする場合においては、全力で取り組まないと合格を実現できません。且つまた独学で合格を目指すのは、物凄くガンバル必要がございます。そんな中少しでも重宝するWEBサイトになったら嬉しいです。
平成18年の法令変更により、公認会計士試験の中味につきましては、様々に手直しがされました。今は法令科目が、重点を置かれるようになって、択一式の試験問題や、記述形式の問題といったような思考&記述力が試される新たな問題等も広く出題されています。

実際に国家試験の公認会計士試験の合格率に関しては、10%強と、難しい試験とされているにしては、高めの合格率が出ております。だけど、一回目の試験で合格実現を果たすというのは、極めて困難で望みが薄いということがわかっています。
少し前までは合格率10%以上の台を保っていた公認会計士試験でございましたけれども、現在においては、一桁台が続いております。合格率が全体の一桁といいますと、難易度上位の国家資格の代表として、認められます。
公認会計士試験の勉強をしている折には、長時間集中力の持続が出来なかったり、モチベーションの保持が困難だったりなどの不利な点も味わいましたが、全体を通して通信講座を行って、良い結果を得られたといったように考えております。
金融取引等のことが含まれる法人税法については、会社を経営するうえにおいて、絶対に覚えておかなければならない学識になります。しかしながら、中身のボリュームがかなり沢山あるため、公認会計士試験の受験科目の内で第一の関門などと言われているのです。
効率の悪い勉強法で挑んで、合格への道まで遠回りするというのはめちゃくちゃもったいないことであります。是が非でも効果的な手立てで短期間にて合格を実現し、公認会計士となって社会に貢献しましょう。

実際に通信教育講座ですと、公認会計士試験1本に焦点を合わせた方策をパーフェクトに記載した、試験専用の教材が用意されているので、独学と比較して学習のスタイルが認識しやすく、勉強が順調に進むはずです。
大概の学校においては、公認会計士資格取得の通信教育が提供されています。その内には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、流行の最先端を取り入れた通信教育を実施している、予備校や資格学校等もございます。
実際消費税法の内容は、公認会計士試験の主要科目の中では、言うほど難易度は厳しくなく、最低限知っておくべき簿記の知識を押さえておくことにより、他と比べて難度も低く簡単に、合格点数を獲得することが可能といえます。
現実、直接予備校に行って受講しているといった受験者たちと、大きくは違いが見受けられない勉強ができるようになっています。そちらの点を具現化するのが、今日び公認会計士専門の通信講座の中心的な教材とされるDVDでございます。
実際合格率約3%の門戸の狭い、公認会計士試験において合格を獲得するには、完全独学の試験勉強のみでは、大変なケースが色々あり、学校に通うかまたは、通信講座を受講して勉学に励むのが通常であるといえるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実を言いますと…。 | トップ | 昼間サラリーマンとして勤務... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL